そら豆と生ハムのクレソンご飯

そら豆と生ハムのクレソンご飯

料理名 そら豆と生ハムのクレソンご飯
番組名 NHKきょうの料理
料理人 ワタナベマキ
放送局 NHK
放送日 2018年5月1日(火)

 

コメント

アウトドアが楽しい季節。ちろん毎日の食卓にも大活躍のレシピを紹介。ここでは、「そら豆と生ハムのクレソンご飯」の作り方になります。そら豆とハムにクレソンという意外な組み合わせの洋風混ぜご飯。チーズと黒こしょうのアクセントがきいた大人の味です。

そら豆と生ハムのクレソンご飯の材料(4人分)

 

360ml(2合)
そら豆(さや付き) 10~12本
生ハム 80g
クレソン 2ワ
パルメザンチーズ(すりおろす) 大さじ2
レモン汁 大さじ2(レモン1コ分)
●オリーブ油・黒こしょう(粗びき)

 

 

そら豆と生ハムのクレソンご飯の作り方

1.米(360ml(2合))は洗って普通に炊き、炊き上がったら人肌に冷ましておきます。

そら豆(さや付き 10~12本)はさやから出し、沸騰した湯で約2分間ゆで、薄皮をむきます。

クレソン(2ワ)は粗く刻みます。

生ハム(80g)は一口大にちぎります。

 

2.ご飯をボウルに入れ、オリーブ油大さじ2、パルメザンチーズ(すりおろす 大2)、レモン汁(大2(レモン1コ分))を加えて、切るように混ぜます。

※オリーブ油とレモン汁で、洋風の味わいになる。

 

 

3.そら豆、生ハムを加えてサッと混ぜ、クリソンを加えてあえます。

 

4.器に盛り、パルメザンチーズ(分量外)・黒こしょう各適量をふります。

※持ち寄りのときは、クレソンは混ぜずに別に持っていき、食べる直前にあえるとよい。

このページの先頭へ