さんまの梅干し煮

スポンサーリンク

さんまの梅干し煮

料理名 さんまの梅干し煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 杉本節子
放送局 NHK
放送日 2016年10月10日(月)

 

梅干しの程よい酸味

杉本節子の町家で楽しむ家ごはんというテーマで料理4品を紹介していました。ここでは、この時季おいしい青背の魚・さんまを使った「さんまの梅干し煮」の作り方になります。梅干しの程よい酸味を加え、くせを取りつつすっきりした味わいに仕上げます。梅干しは古漬けのものを最後までおいしく生かせる一品です。

スポンサーリンク

さんまの梅干し煮の材料(2人分)

 

さんま 2匹
梅干し 2コ
しょうが 25g
A
100~120ml
カップ1/4
砂糖 大さじ1と1/2
うす口しょうゆ 大さじ1と1/2

 

 

さんまの梅干し煮の作り方

1.さんま(2匹)は頭と尾を切り落として3等分に切ります。割り箸などで内臓を押し出しながら水で洗い、紙タオルで水けを拭きます。

-

2.しょうが(25g)は洗い、皮ごと薄切りにします。

-

3.鍋に下記Aを合わせ、重ならないようにさんまを並べます。梅干し(2コ)としょうがを加え中火にかけ、時々アクを取り、煮汁をかけながら15分間煮ます。

水 100~120ml
酒 カップ1/4
砂糖 大さじ1と1/2
うす口しょうゆ 大さじ1と1/2

さんまの梅干し煮
※古漬けの梅干しで魚のクセをやわらげる

-

4.器に盛り、さんまの梅干し煮の完成。

さんまの梅干し煮


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ