さばの鍋照り

スポンサーリンク

さばの鍋照り

さばの鍋照り

料理名 さばの鍋照り
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2016年11月9日(水)

 

この時季に最適のおかず

登紀子ばぁばの秋の食卓ということで、「ばぁば」こと間もなく92歳の鈴木登紀子さんが、料理2品を紹介していました。ここでは、「さばの鍋照り」の作り方になります。脂がのったこの時季のさばをフライパンで焼き、砂糖、みりん、しょうゆで味付けします。ご飯と相性のいいこっくり味と、フライパンで出来る手軽さが、ばぁばのおすすめ。

スポンサーリンク

さばの鍋照りの材料(2~3人分)

 

さば(三枚おろし) (大)1枚(250g)
ねぎ 1本
A
大さじ3
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
●かたくり粉・サラダ油

 

 

さばの鍋照りの作り方

1.ねぎ(1本)は、長いまま直火にかざして表面に焼き目をつけ、3cm長さに切ります。

※安全装置が働いて火が消える場合は、適当な長さに切ってからフライパンに油をひかずに入れて中火で熱し、転がしながら焼き目をつけてもよいですよ。

2.さば(三枚おろし (大)1枚(250g))は7~8等分にそぎ切りにし、バットに並べます。

※そぎ切りは、包丁をねかせて刃元を当て、手前にスッと引くように刃先まで使って切るときれいにできますよ。

3.ガーゼにかたくり粉(適量)を包み、さばの両面にポンポンとはたきつけます。

※ガーゼごしにこなをまぶすことで、さばの表面に薄く均一な膜を作ることができます。味のなじみもよくなります。

4.フライパンにサラダ油(大3)を中火で熱し、温まったらいったん火から下ろして、さばを皮側を下にして並べ入れます。中火で焼き目がつくまで焼き、裏返して反対側も焼きます。

5.両面に焼き目がついたら火を止めて下記Aを順に加え、再び中火にしてフライパンを揺すりながらさばに汁をからめます。

酒 大さじ3
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3

さばの鍋照り

6.さばを裏返し、泡が大きくなり、軽くとろみがついたら1のねぎも加え、軽く揺すりながら照りをつけ、火を止めます。

7.一度バットにあけてから器に盛り、焼き汁を回しかけて、さばの鍋照りの完成。

さばの鍋照り


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ