ささ身と大豆のディップ

スポンサーリンク

ささ身と大豆のディップ

ささ身と大豆のディップ

料理名 ささ身と大豆のディップ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 白井操
放送局 NHK
放送日 2017年10月18日(水)

 

ヘルシーで体にやさしい味わい

程一彦さんと白井操さんの「楽しいごはんの時間」シリーズ。今回はパパッと手軽に作れる「つくりおき」のレシピを紹介。ここでは、白井操さんによる「ささ身と大豆のディップ」の作り方になります。バターのようになめらかな「パンの素」。ささ身の蒸し汁でしっとり仕上がります。「サンドイッチ」・「カナッペ」などにアレンジ可能です。

スポンサーリンク

ささ身と大豆のディップの材料(つくりやすい分量)

 

鶏のささ身 (小)2本
大豆の水煮 150g
A
オリーブ油 大さじ1~2
フレンチマスタード 小さじ2
小さじ1/2
ハーブ 適宜
●塩・酒・こしょう

 

 

ささ身と大豆のディップの作り方

1.鶏のささ身((小)2本)は筋を取って耐熱皿に並べ、塩少々と酒大さじ1をふり、ラップで覆い、電子レンジ(600W)に約2分間かけます。粗熱が取れたら身をほぐし、蒸し汁とからめます。

ささ身と大豆のディップ

2.耐熱皿に大豆の水煮(150g)を入れてラップをかけ、人肌くらいの温度になるまで電子レンジ(600W)に約40秒間かけます。

 

3.フードプロセッサーに1、2を入れてかくはんし、全体がほぼつぶれたらAのオリーブ油(大さじ1~2)・フレンチマスタード(小さじ2)・塩(小さじ1/2)とこしょう少々を加えます。さらになめらかになるまでかくはんし、味をみて塩少々で味を調えます。

ささ身と大豆のディップ

※ささ身の蒸し汁でしっとり仕上がります。大豆のかわりに黒豆でもおいしい

4.器に盛り、好みでハーブ(適宜)を添えます。

ささ身と大豆のディップ

●保存方法:保存容器に入れて表面をラップで覆い、ふたをして冷蔵庫で4~5日間保存可能。

※「サンドイッチ」・「カナッペ」などにアレンジ可能


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ