ごぼたま牛しぐれ煮

スポンサーリンク

ごぼたま牛しぐれ煮

料理名 ごぼたま牛しぐれ煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 牧野直子
放送局 NHK
放送日 2017年1月31日(火)

 

食物繊維をたっぷりと

「野菜1日350g 管理栄養士10人のメニュー」というテーマで、「常備菜」料理を紹介していました。ここでは、牧野直子さんによる「ごぼたま牛しぐれ煮」の作り方になります。風味の強いごぼうとたまねぎを牛肉と煮た、牛丼の様な甘辛味の主菜にもなる野菜おかず。時間とともに味がなじむので、作り置きにもピッタリ!ご飯と合わせて、卵と合わせてなどアレンジ多様です。知らず知らず野菜がたっぷり食べられるうれしい一品。

スポンサーリンク

ごぼたま牛しぐれ煮の材料(4食分)

 

たまねぎ (大)1コ(300g)
ごぼう 1本(200g)
牛切り落とし肉 250g
A
カップ1と3/4
昆布(10cm四方) 1枚
B
しょうゆ 大さじ4
酒、砂糖、みりん 各大さじ2
●サラダ油

 

 

ごぼたま牛しぐれ煮の作り方

1.たまねぎ((大)1コ(300g))は縦に薄切りに、ごぼう(1本(200g))は皮をこそげ落としてからささがきにし、水に放します。牛切り落とし肉(250g)は食べやすい大きさに切ります。

-

2.フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火で熱し、たまねぎと水けをきったごぼうを入れて炒めます。しんなりしたらふたをし、弱火で約10分間蒸します。

-

3.Aの水(カップ1と3/4)、昆布(10cm四方 1枚)を加えて強火にし、煮立ったら中火にして牛肉を少量ずつ加えます。牛肉に火が通ったらBのしょうゆ(大4)、酒、砂糖、みりん(各大2)を加え、全体がなじむまで煮含めます。

ごぼたま牛しぐれ煮

-

4.粗熱が取れたら保存容器に入れ、冷蔵庫に入れます。

ごぼたま牛しぐれ煮

●冷蔵庫で2~3日間保存可能


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ