からしれんこん

スポンサーリンク

からしれんこん

からしれんこん

料理名 からしれんこん
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2015年8月31日(月)

 

お茶うけ、おつまみにも

【土井善晴 食卓二十四節気】シリーズから、「からしれんこん」の作り方の紹介です。甘酢につけたれんこんに、ゆで卵の黄身をつぶしてつくる黄身酢あんを詰めます。厚めに切ったれんこんの歯触り、食感と、程よい酸味の黄身酢あんのバランスがとてもよい一品です。

スポンサーリンク

からしれんこんの材料(つくりやすい分量)

 

れんこん (中)1節(180~200g)
甘酢
カップ1+1/2
カップ1/2
砂糖 大さじ5
小さじ2/3
昆布 (10cm四方)1枚
黄身酢あん(詰めやすい分量)
約大さじ1
砂糖 大さじ1
練りがらし 小さじ2
小さじ1/2

 

 

からしれんこんの作り方

 

《れんこんを甘酢に浸す》

 

1、れんこん((中)1節(180~200g) )は皮をむいて鍋に入れ、完全にかぶるように水を加えて中火にかける。

煮立ったら一度湯を捨てて水をかえ、再び20分間、静かに踊るくらいの火加減でゆでる。

 

2、串がスッと入るくらいに柔らかくなったら、水にとって冷ます。

※れんこんが割れないように、細い串を刺して確かめる。

 

からしれんこん3、甘酢の水(カップ1+1/2)、酢(カップ1/2)、砂糖(大5)、塩(小2/3)、昆布((10cm四方)1枚)を混ぜ合わせ、2を浸して冷蔵庫に一晩おく。

 

 

 

《黄味酢あんを詰める》

 

4、3のれんこんは、紙タオルや布巾の上に立て、汁けをきる。

5、黄身酢あんをつくる。ゆで卵の黄身(5個分)を裏ごししてボウルに入れ、砂糖(大1)、粉がらしに少量の水を加えて練った練りがらし(小2)、塩(小1/2)、酢(約大1)を加えてよく混ぜる。

※詰め物は柔らかくなりすぎないように、卵のゆで加減や練りがらしの堅さに合わせて酢の量を加減する。

 

からしれんこん6、4のれんこんの断面を5に押し付けるようにして、穴に詰めていく。

※固く絞った布巾ではさんで持つと、すべらず程よく力が入る。

※れんこんは上下を返さず、一定の方向に。まっすぐに押し付け、すべての穴に詰めていく。

からしれんこん7、食べやすく切って器に盛り、からしれんこんの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ