かぼちゃの煮物

スポンサーリンク

かぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物

料理名 かぼちゃの煮物
番組名 NHKきょうの料理
料理人 後藤加寿子
放送局 NHK
放送日 2014年8月18日(月)

 

定番の「かぼちゃの煮物」をマスター!

「おふくろの味」「副菜の代表」「お弁当のおかず」として上げられる「かぼちゃの煮物」。コトコトと煮たかぼちゃは、ほんわかとしたあたたかい味わいですね。煮汁を残すように仕上げ、味を含ませてしっとりと仕上げましょう。ワタのあたりはうまみが濃く、煮汁を程よく含むので、トロッとおいしので、ワタを多少残すのがおすすめだそうです。

スポンサーリンク

かぼちゃの煮物の材料(作りやすい量)

 

かぼちゃ 1/4個(正味420~440g)
昆布(10cm四方) 1枚
煮汁
カップ2と1/2
大さじ2
砂糖 大さじ2と1/2
しょうゆ 小さじ2
うすロしょうゆ 小さじ1

 

 

かぼちゃの煮物の作り方

かぼちゃの煮物1、鍋に昆布(10cm四方 1枚)を敷いて煮汁の水(カップ2と1/2)を入れ、昆布を戻しておく。

-

2、かぼちゃ(1/4個(正味420~440g))は種を取る。最初はスプーンでザックリ取り、残りは手で取り除く。

-

3、食べやすい大きさに切り、皮が横になるようにまな板に置き、包丁でところどころ皮をそぐ。

※皮を少しそぐことで、昧がよくしみ、見た目もされいに仕上がる。

-

かぼちゃの煮物4、1の鍋に酒(大2)を入れてかぼちゃを並べ、中火にかける。煮立ったら落としぶたをし、弱火にして煮る。

※火が強いと庶くずれしやすいので、必ず弱火で。

-

5、竹串がようやく通るようになったら、昆布を取り出し、砂糖(大2と1/2)を加えて3~4分間煮る。

※カボチャ本来の味を引き立てるよう、控えめの調味料で煮る

-
かぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物

6、しょうゆ(小2)とうす口しょうゆを加え、煮立ったらごく弱火にし、さらに3~4分間煮る。火を止めてしばらくおき、味を含ませてかぼちゃの煮物の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ