かき揚げ

スポンサーリンク

かき揚げ

かき揚げ

料理名 かき揚げ
番組名 きょうの料理
料理人 野口日出子
放送局 NHK
放送日 2014年7月15日(火)

バラバラにならすに、サックリと!

材料の1本1本にしっかり衣をつけることで、油の中でバラバラになりません。1個分の材料を小分けにして衣をつけましょう。みょうが、かぼちゃなど冷蔵庫に余っているもの、なんでも揚げてみましょう。

スポンサーリンク

かき揚げの材料(4人分8個)

にんじん (小)1本(120g)
ごぼう(細めのもの) 1と1/2本(120g)
天つゆ 適量
適量
サラダ油 適量
ごま油 適量
卵黄 1/2コ分
小麦粉 カップ1
冷水 カップ3/4

かき揚げの作り方

つくる前にしておくこと

小麦粉(カップ1)はふるって冷蔵庫に入れておく。衣の材料と衣を作るボウルは冷蔵庫で冷やして置く。

衣をつけて揚げる

かき揚げ1、にんじん((小)1本(120g))は皮をむき、4㎝長さの細切りにする。

ごぼう(1と1/2本(120g)はたわしで洗い、4㎝長さの細切りにして酢水に放し、水気をしっかりときる。

小鍋に天つゆ(適量)のだし(カップ1)、うす口しょうゆ(大2+1/2)、みりん(大1+1/2)、しょうゆ(大1/2)、砂糖(大1/2)を合わせてひと煮立ちさせて火を止める。

2、天ぷら油がなじみやすいように中華鍋を温め、サラダ油(適量)を入れる。温まったら、サラダ油(適量)の2~3割のごま油(適量)を足す。

※中華鍋は口径が広くて水分が蒸発しやすく、カラッと揚がる。ごま油(適量)は沸点を高めるので、やはり高温でカラッと揚がる。

ボウルに卵黄(1/2コ分)を入れてほぐし、冷水(カップ3/4)を加えてよく混ぜてから、小麦粉(カップ1)を加えてサックリと混ぜる(粉が残っていてよい)。

※混ぜすぎると小麦粉の粘りが出て、衣がベタッとするので、混ぜすぎない

3、小さめのボウルにかき揚げ(1個分)のニンジンとごぼう(各15g)を入れ、衣(大2弱)を加えて菜箸で全体によくかき混ぜる。

4、2の油が170度に温まったら、材料を菜箸でつまんで入れる。離れてしまったものも箸で寄せて形づくる。

かき揚げ5、周りが固まってきたら、中心を箸で少し広げるようにし、火の通りをよくする。

裏返してカラッと揚げる。揚げ時間は2~3分間が目安。

かき揚げ6、器に半紙を敷き、かき揚げを盛り合わせ、天つゆ(適量)を添える。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ