かきの昆布バター蒸し

かきの昆布バター蒸し

料理名 かきの昆布バター蒸し
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2018年3月8日(木)

 

コメント

土井善晴さんがこの時季らしい味を紹介する「味こよみ」シリーズ。ここでは、「かきの昆布バター蒸し」の作り方になります。

昆布とバターのすばらしい相性のよさは、昆布にかきをのせて、日本酒、バターで、フライパン蒸しにすることで、確信できます。最後に「焦がし」の風味を加えると、最高です。

かきの昆布バター蒸しの材料(2人分)

 

かき(加熱用) 250g
昆布(約15cm四方) 1枚
ポン酢しょうゆ・大根おろし・青ねぎ(小口切り)・七味とうがらし 各適量
●塩・バター・酒

 

 

かきの昆布バター蒸しの作り方

1.かき(加熱用 250g)は薄い塩水でふり洗いします。塩水をかえながら、ひだの間の汚れを丁寧に取り、ざるに上げて水けをきります。

 

 

 

2.フライパンに昆布(約15cm四方 1枚)を敷いてかきを並べ入れ、バター10gをのせて酒大さじ4を加えます。

 

 

3.ふたをして強火で2~3分間蒸し煮にし、ふたを取って汁けをとばします。

蒸し汁がトロリとしたら昆布ごと皿に取り出します。

4.ポン酢しょうゆ、大根おろし、青ねぎ(小口切り)、七味とうがらし(各適量)を添えてアツアツを食べます。

このページの先頭へ