お赤飯

スポンサーリンク

お赤飯

お赤飯

料理名 お赤飯
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2017年11月1日(水)

 

七五三など晴れの日のお祝い事に

「土井善晴の味こよみ」シリーズでは、この時季ならではの料理を紹介。ここでは、「お赤飯」の作り方になります。もち米は必ず一晩水につけて吸水させてから、蒸しはじめます。

スポンサーリンク

お赤飯の材料(5~6人分)

 

もち米 カップ3
小豆 カップ1
ごま塩 適量
カップ1/4
小さじ1
白ごま 30g

 

 

お赤飯の作り方

1.小豆(カップ1)は洗い、鍋に入れてかぶるくらいの水(約1L)を加えて強火にかけます。ひと煮立ちさせたらざるに上げ、ゆで汁は捨て、再びかぶるくらいの水を加えて中火にかけます(ゆでこぼす、という)。

 

2.ひと煮立ちしたら、湯の中で豆をおどらせないように弱火にして15~20分間ゆで、八分どおりのやや堅めにゆで上げます。

お赤飯

 

3.2をざるにそっとこし、ゆで汁は冷まします。(ボウルの底を冷水に当てるとよい)。豆はぬれ布巾をかけて冷まします。

お赤飯

 

4.3のゆで汁は、カップ3/4を取り分けておきます。

 

5.もち米(カップ3)は洗ってざるに上げ、4の残りのゆで汁に浸し、水を足してかぶるくらいの量にして、一晩(6時間以上)おきます。4で取り分けたゆで汁とともに、冷蔵庫で保管します。

お赤飯

 

6.蒸し器に7分目の湯を沸かします。蒸し段に蒸し布を敷き、もち米を広げて蒸し布で覆い、ふたをして強火で20分間蒸します。

お赤飯

 

7.ボウルに、前日に取りおいたカップ3/4のゆで汁を入れ、塩小さじ3/4を入れて混ぜておきます。

 

8.6のもち米を7のボウルに合わせて混ぜ、さらに小豆を加えて混ぜ合わせます。

お赤飯

 

9.8を蒸し器に戻し入れ、再び強火で20分間蒸します。途中で一度上下を返します。

お赤飯

10.蒸し布ごとざるに取り出して軽くほぐし、冷まします。器に盛り、ごま塩(適量)を添えてすすめます。

お赤飯

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ