おひとりから揚げ

スポンサーリンク

おひとりから揚げ

おひとりから揚げ

料理名 おひとりから揚げ
番組名 きょうの料理
料理人 杵島直美
放送局 NHK
放送日 2016年7月5日(火)

 

ひとり分から揚げの素で簡単!

【ひとり分で楽々!にっぽんの中国風おかず】というテーマで、料理3品を紹介。ここでは、「おひとりから揚げ」の作り方になります。鶏のこま切れを丸めて、卵焼き器を使って少ない油で揚げ焼きします。卵焼き器を使えば少ない油でも少し深さが出るので、手軽にカリッと揚げ焼きにすることができます。鶏こま切れ肉は味が染みこみやすく火の通りも早いので、ぜひお作りください。

スポンサーリンク

おひとりから揚げの材料(1人分)

 

鶏こま切れ肉 (親子丼用)100g
ひとり分から揚げの素
おろししょうが (市販/チューブ)1cm分
大さじ1/2 しょうゆ 大さじ1/2 少々 こしょう 少々
かたくり粉 大さじ1+1/2
小麦粉 大さじ1
レタス 1/6コ
サラダ油 大さじ3~4

 

 

おひとりから揚げの作り方

おひとりから揚げ1、鶏こま切れ肉((親子丼用)100g )はポリ袋に入れ、ひとり分から揚げの素のおろししょうが、酒、しょうゆ(大1/2)、塩(少々)、こしょう(少々)を加えてもみ込む。さらにかたくり粉、小麦粉を加え、全体にまぶす。

※味付け・衣つけもポリ袋1つでOK!

-

おひとりから揚げ2、卵焼き器にサラダ油(大3~4)を入れ、中火にかける。1を一口大の塊にまとめ、温まった油に入れていく。

※卵焼き器を使い少量の脂で揚げ焼きに!

※こま切れ肉なら火通りもよく、まとめれば食べ応え十分!

-

3、3分間ほど揚げ焼きにして裏返し、さらに2分間ほど火を通して油をきる。

-

4、レタス(1/6コ)は細切りにして冷水に放す。ざるに上げて水けをよくきり、器に敷く。

-

おひとりから揚げ5、4のレタスの上に3をのせて、おひとりから揚げの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ