おからと牛肉の炊いたん

スポンサーリンク

おからと牛肉の炊いたん

おからと牛肉の炊いたん

料理名 おからと牛肉の炊いたん
番組名 きょうの料理
料理人 中村 元計
放送局 NHK
放送日 2015年9月2日(水)

 

しっとりとした仕上がり

【今こそ伝えたい!京料理人の温故知新レシピ】シリーズでは、食物繊維が豊富で栄養価が高く、とても安価な「おから」を使った家庭料理3品を紹介。ここでは、牛肉やごぼうなどと煮た「おからと牛肉の炊いたん」の作り方の紹介。汁けを含ませてしっとりと仕上げます。

スポンサーリンク

おからと牛肉の炊いたんの材料(つくりやすい分量)

 

おから 300g
牛切り落とし肉 130g
ごぼう 100g
にんじん 50g
糸こんにゃく 1/2袋(200g)
(A)
カップ1/2
しょうゆ カップ1/4
うす口しょうゆ 大さじ2/3
砂糖 50g
カップ1
あさつき (小口切り)適量
サラダ油 小さじ1
ごま油 小さじ2

 

 

おからと牛肉の炊いたんの作り方

1、牛切り落とし肉(130g)は食べやすく切る。ごぼう(100g)はささがきにしてサッと水につけ、ざるに上げて水けをきる。にんじん(50g)は3~4cm長さの細切りにする。糸こんにゃく(1/2袋(200g))は下ゆでして水けをきり、3~4cm長さに切る。

 

2、鍋にサラダ油(小1)を入れて強火で熱し、牛肉を炒める。牛肉の色が変わったら、ごぼう、にんじん、糸こんにゃくを加えて炒める。

※牛肉でコクを足す

おからと牛肉の炊いたん3、Aの酒(カップ1/2)、しょうゆ(カップ1/4)、うす口しょうゆ(大2/3)、砂糖(50g)、水(カップ1)を混ぜ合わせて2に加え、ひと煮立ちさせる。

 

おからと牛肉の炊いたん4、弱火にしておから(300g)を入れ、時々混ぜながら、ある程度汁けがなくなるまで煮る(菜箸を鍋底に当てて動かしたときに、筋ができ、鍋底が見えるくらいの汁けが目安)。

※煮汁を少し残してしっとり仕上げる

5、仕上げにごま油(小2)を加えて混ぜ、火を止める。

※ゴマ油でコクを足す

おからと牛肉の炊いたん6、器に盛り、あさつき((小口切り)適量)を散らして、おからと牛肉の炊いたんの完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ