おおづゆ

スポンサーリンク

おおづゆ

おおづゆ

料理名 おおづゆ
 番組名 きょうの料理
 講師 グッチ裕三
 放送局 NHK
 放送日 2014年6月26日(木)

 「こづゆ」ならぬ、「おおづゆ」です!

干し貝柱のだしで山の幸を煮たものを小さなお椀でいただく「こづゆ」。福島県会津地方の郷土料理です。歌と料理上手なグッチ裕三さんが、味噌ベースに生クリームを加えてアレンジ。お子さん達に大きな器でたっぷり食べて欲しい!という一品。心も体も温まります。

スポンサーリンク

おおづゆの材料(2人分)

里芋 3コ(約200g)
にんじん 1/3本(90g)
生しいたけ 2枚
しらたき*結びしらたき可 70g
うずらの卵(缶詰) 8コ
帆立て貝柱(缶詰) 7コ(65g)
帆立て貝柱の缶汁 70ml
麩(ふ) (小)12コ
みそ(だし入り) 40g
生クリーム 大さじ2

作り方

1、下ごしらえ

おおづゆ里芋(3コ約200g)、にんじん(1/3本90g)は皮をむいて1cm厚さのいちょう形に切ります。しいたけ(2枚)は石づきを除き、4等分にします。しらたき(70g)はサッと湯通しをし、食べやすく丸めます。(しらたきは、結びしらたきでもよいです)

2、煮る

おおづゆ鍋に1の里芋、ニンジン、しいたけ、しらたきを入れて、うずらの卵(8コ)、帆立て貝柱(7コ65g)、缶汁(70ml)、水(カップ3)を入れ、強火にかけます。

 

 

 

おおづゆ沸騰したら弱火にし、アクを取りながら20分間以上、里芋が柔らかくなるまで煮ます。

3、味噌を加えて仕上げる

おおづゆ麸(小12コ)を入れ、汁を吸って柔らかくなったらみそ(40g)を溶き入れます。

 

 

 

 

おおづゆ仕上げに生クリーム(大2)を加えて混ぜ合わせ、火を止め、器に盛ります。

※お好みで白こしょうや一味とうがらしをかけても美味しいです。

まとめ

こづゆ

こづゆ

「こづゆ」とは、正月や冠婚葬祭などハレの席で、必ず作られる福島県会津地方の郷土料理です。

海産物の乾物と野菜を煮込んで、醤油で薄めの味に整えるのが特徴。

 

 

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ