えびフライ

スポンサーリンク

えびフライ

えびフライ

料理名 えびフライ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 坂田阿希子
放送局 NHK
放送日 2017年5月8日(月)

 

手作りのタルタルソースをたっぷりと

「坂田阿希子のおうち洋食」というテーマで、「えびフライ」の作り方になります。えびは、揚げる前にレモン汁をふり、くせを取っておきましょう。自家製のマヨネーズで作るタルタルソースも絶品!

スポンサーリンク

えびフライの材料(2人分)

 

えび(無頭/殻付き) 6匹(正味約210g)
レモン汁 適量
小麦粉・溶き卵・生パン粉 各適量
タルタルソース(つくりやすい分量)
ゆで卵 2コ
きゅうりのピクルス (小)4本(80g)
自家製マヨネーズ 大さじ6
ウスターソース 小さじ1/3
自家製マヨネーズ(つくりやすい分量)
卵黄 1コ分
大さじ1
サラダ油 カップ2と1/4
●塩・砂糖・こしょう
サラダ菜 適量
レタス(せん切り) 適量
レモン(くし形切り) 適量
●塩・こしょう・揚げ油

 

 

えびフライの作り方

1.えび(無頭/殻付き 6匹(正味約210g))は尾と一節を残して殻をむき、背に浅く切り目を入れて背ワタを取ります。尾の先を斜めに切り落とし、尾を包丁の刃先でしごいて水分を出します。

※こうすることで、揚げたとき油がはねにくくなる。

-

2.1の腹の部分に、筋を切るように斜めに数か所切り込みを入れてまっすぐにします。塩・こしょう(各少々)をふり、レモン汁(適量)をふりかけます。

えびフライ

※筋を切っておくと、揚げても丸まりにくい。

-

3.1に小麦粉、溶き卵、生パン粉の順に衣の小麦粉・溶き卵・生パン粉(各適量)をつけ、手でしっかりと押さえます。

-

4.ソースを作ります。

自家製マヨネーズ作り。ボウルに卵黄(1コ分)を溶きほぐし、酢(大1)を加えて混ぜ、塩(小1/2)を加えて混ぜます。サラダ油(カップ2と1/4)を少しずつ細かくたらして加えながら、泡立て器で一方向に混ぜて乳化させていきます。カップ1/2ほど加えたら、熱湯(小2)を加えて混ぜます。

さらにサラダ油を少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ、カップ1/2ほど加えたらまた熱湯(小2)を加えて混ぜます。

※熱湯を加えることで乳化が速く進み、フワッとしたマヨネーズができます。

 

-

残りのサラダ油を少しずつ加えながら、さらに泡立て器で混ぜて乳化させていきます。最後に味をみて、砂糖(1つまみ)、塩・こしょう(各少々)で味を調えます。

えびフライ

●保存は冷蔵庫で約2週間。

 

-

タルタルソース作り。ゆで卵(2コ)を黄身と白身に分け、黄身はスプーンなどでつぶします。白身は細かいみじん切りにしてから紙タオル(不織布タイプ)で包んでギュッと水けを絞ります。きゅうりのピクルス (小)4本(80g)は細かいみじん切りにします。

ボウルにすべてを合わせて、自家製マヨネーズ(大6)、ウスターソース(小1/3)を加えて混ぜ、塩・こしょう(各少々)で味を調えます。

えびフライ

※水けを絞ることで、ポッテリとした食感に仕上がる。

-

5.揚げ油を170℃に熱し、3をきつね色になるまで揚げます。

 

-

6.器に盛り、サラダ菜(適量)、レタス(せん切り 適量)、レモン(くし形切り 適量)を添えます。タルタルソースをたっぷりと添え、好みでウスターソース(分量外)をかけます。
えびフライ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ