えびのピカタ風

スポンサーリンク

 

えびのピカタ風

えびのピカタ風

料理名 えびのピカタ風
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2017年8月17日(木)

 

弱めの火でふっくらと

「大原千鶴のもっと気軽に魚介レシピ」シリーズでは、今回、うまみがあってプリッとした食感のえび料理を紹介。ここでは、殻付きのえびを使った「えびのピカタ風」の作り方になります。えびに衣をまとあわせて、弱めの火でふっくらと仕上げたピカタ風の一品です。

スポンサーリンク

えびのピカタ風の材料(2人分)

 

えび(ブラックタイガーなど) 8匹(正味約180g)
溶き卵 1コ分
ズッキーニ(1cm厚さの輪切り) 1/2本分
たれ(つくりやすい分量)
みりん(煮きったもの)・しょうゆ 各大さじ1
青ねぎ(小口切り)・一味とうがらし・白ごま 各少々
●かたくり粉・塩・小麦粉・ごま油

 

 

えびのピカタ風の作り方

1.えび(ブラックタイガーなど 8匹(正味約180g))は尾とその隣の一節を残して殻をむき、竹串で背ワタを取ります。ボウルにえび、かたくり粉・水各大さじ1を入れてもみます。

えびのピカタ風

-

2.えびを水でサッと洗います。紙タオルで水けを拭き、塩2つまみをふってもみます。

 

-

3.えびは尾の先を斜めに切り落とします。包丁で腹を開き、全体に薄く小麦粉をまぶして溶き卵(1コ分)をつけます。

※尾の先には水けがあるので、切り落とすことで油はねを防ぐ。

-

4.フライパンにごま油大さじ1を中火にかけ、えびを並べ入れます。ふたをして火を少し弱め、片面が焼けたらふたを取って上下を返し、火が通ったら、揚げ物用バットの金網に置いて水けをとばします。

※網の上でしばらくおくことで、余分な水けをとばします。

 

-

5.ズッキーニ(1cm厚さの輪切り 1/2本分)は全体に薄く小麦粉をまぶして溶き卵をつけます。4のフライパンで両面を焼き、揚げ物用バットの金網に置いて蒸気をとばします。

えびのピカタ風

-

6.器にえびとズッキーニを盛り、下記材料を合わせたたれをつけて食べます。

みりん(煮きったもの)・しょうゆ 各大さじ1
青ねぎ(小口切り)・一味とうがらし・白ごま 各少々

えびのピカタ風


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ