えびとそら豆の黄身酢あえ

えびとそら豆の黄身酢あえ

料理名 えびとそら豆の黄身酢あえ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2018年4月9日(月)

 

コメント

ばぁばこと鈴木登紀子さんが、春の体をシャッキリ目覚めさせる「あえ物」を3品紹介。ここでは、「えびとそら豆の黄身酢あえ」の作り方になります。卵黄と酢を湯煎でトロリとさせた黄身酢は、和風のマヨネーズといった風情で、甘みと酸味のバランスが絶妙です。えびとそら豆で、見目うるわしい一品。

えびとそら豆の黄身酢あえの材料(2人分)

 

えび(有頭/殻付き) 6匹
そら豆(さや付き) 6~7コ
黄身酢
卵黄 2コ分
みりん 大さじ2
大さじ2
少々
●塩

 

 

えびとそら豆の黄身酢あえの作り方

1.そら豆(さや付き 6~7コ)はさやから出し、黒い筋の反対側の丸みに浅く切り目を入れます。

塩少々を入れた熱湯でサッとゆでてざるに上げ、冷水にかけます。

切り目から押し出すようにして中身を出す。

 

 

2.えび(有頭/殻付き 6匹)は殻をむいて頭と背ワタを取り、熱湯で色よくサッとゆでます。

 

 

 

3.小鍋に卵黄(2コ分)を溶きほぐし、みりん(大2)を加えて混ぜます。

酢(大2)、塩(少々)も加えてさらによく混ぜます。

一回り大きい鍋に熱湯を沸かし、黄身酢の鍋の底を湯につけて湯煎にし、木べらで丁寧にかき混ぜながら熱します。

とろみがついたら、湯煎から外して粗熱を取ります。

 

 

 

4.器にえびとそら豆を盛り、上から3の黄身酢をかけます。または先に黄身酢を敷き、具材をのせてもよい。

このページの先頭へ