えびときのこのとろみ煮

スポンサーリンク

えびときのこのとろみ煮

えびときのこのとろみ煮

料理名 えびときのこのとろみ煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 高城順子
放送局 NHK
放送日 2017年11月8日(水)

 

丼仕立てにするのもおすすめ

「秋の煮物はこれで決まり!」というテーマで、肉や野菜に旬の野菜を組み合わせた、あったか煮物を紹介。ここでは、「えびときのこのとろみ煮」の作り方になります。プリプリのえびに、帆立貝に見立てた輪切りエリンギ、しめじやなめこも使ってうまみたっぷり。多めの煮汁はとろみをつけてスープのように味わいます。

スポンサーリンク

えびときのこのとろみ煮の材料(2~3人分)

 

えび(殻付き/無頭) 10~12匹
A
1つまみ
こしょう 少々
かたくり粉 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/4
2コ
エリンギ (大)1本
しめじ 1/2パック(50g)
なめこ 1/2パック(50g)
ねぎ 5cm
紹興酒(または酒) 大さじ1
B
チキンスープ カップ1と1/3
しょうゆ 小さじ1強~大さじ1/2
砂糖 小さじ1
こしょう 少々
●塩・かたくり粉・ごま油

 

 

えびときのこのとろみ煮の作り方

1.えび(殻付き/無頭 10~12匹)は殻をむいて背ワタがあれば除き、塩2つまみ、かたくり粉大さじ1をまぶしてもみます。水で2~3回洗って汚れを落とし、水けをふいてボウルに入れます。Aの塩(1つまみ)・こしょう(少々)・かたくり粉(小さじ1/2)・ごま油(小さじ1/4)を順に加え、そのつどよく混ぜます。

 

2.卵(2コ)は1コを卵黄と卵白に分け、卵白大さじ1を1のえびにからめます。卵黄と卵白の残りは、もう1コの卵と合わせて溶いておきます。

 

 

 

3.エリンギ((大)1本)は軸を3~4mm厚さの輪切りにし、かさは大きければ半分に切ります。しめじ(1/2パック(50g))は根元を切ってほぐします。なめこ(1/2パック(50g))はざるに入れ、海水でサッと洗って水けをきります。ねぎ(5cm)は粗いみじん切りにします。

 

4.フライパンにごま油大さじ1/2~1を中火で熱し、2のえびを広げて入れます。色が変わったら裏返して片側に寄せ、エリンギを加えて炒めます。

えびときのこのとろみ煮

 

5.しめじを加えてサッと炒め、紹興酒(または酒 大1)をふって混ぜます。Bのチキンスープ(カップ1と1/3)・しょうゆ(小さじ1強~大さじ1/2)・砂糖(小さじ1)・こしょう(少々)を加え、煮立ったら弱火にし、なめことねぎを加えて1~2分間煮ます。

えびときのこのとろみ煮

●チキンスープは顆粒チキンスープの素(中国風)小さじ1と1/2を湯カップ1と1/3で溶く。

 

6.再び中火にし、かたくり粉大さじ1と1/2を倍量の水で溶いて加え、すぐに混ぜながら煮立ててとろみをつけます。

2の溶き卵を回し入れて大きく混ぜ、ふんわりとしたら火を止め、ごま油少々を加えて混ぜます。

 

7.完成。

えびときのこのとろみ煮


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ