いわしの赤じそ煮

いわしの赤じそ煮

料理名 いわしの赤じそ煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 大原千鶴
放送局 NHK
放送日 2018年6月5日(火)

 

コメント

大原千鶴さんの初夏の保存食シリーズから青梅を使った調味料の作り方を紹介。ここでは、「いわしの赤じそ煮」の作り方になります。旬のいわしを赤じその風味でさっぱりと。とろ火でじっくり煮るから骨まで柔らか。

いわしの赤じそ煮の材料(つくりやすい分量)

 

いわし 5匹(正味250g)
梅干しの赤じそ 40g
昆布(10cm四方) 1枚
A
カップ1/2
砂糖・しょうゆ 各小さじ1
青じそ 適量
●塩

 

 

いわしの赤じそ煮の作り方

1.昆布(10cm四方 1枚)はカップ1/2の水で戻す。いわし(5匹(正味250g))は頭を落として腹を三角形に切ってワタを除き、水でサッと洗います。

塩少々をふって冷蔵庫に1時間ほどおきます。

 

 

 

2.1の昆布を2.5cm四方に切って鍋に入れます。

いわしを洗って水けを拭き、昆布の上に並べます。

Aの酒(カップ1/2)・砂糖・しょうゆ(各小さじ1)と1の水だしを加えて火にかけます。

煮立ったらアクを取ります。

 

 

 

3.梅干しの赤じそ(40g)を加え、落としぶたと鍋のふたをしてユラユラと煮えるくらいの弱火で2時間ほど煮ます。

途中様子を見ながら2~3回水を足します。

●「赤じそ漬け(梅干し)」=>レシピはこちら

 

 

4.器に青じそ(適量)を敷いていわしを盛り、昆布、煮汁をきった赤じそを添えます。

このページの先頭へ