いわしのトマトピラフ

スポンサーリンク

いわしのトマトピラフ

いわしのトマトピラフ

料理名 いわしのトマトピラフ
番組名 NHKきょうの料理
料理人 コウケンテツ
放送局 NHK
放送日 2017年8月9日(水)

 

ケーキのように切り分けて

コウケンテツさんが旅先で教わった魚介料理を2品紹介。ここでは、「いわしのトマトピラフ」の作り方になります。トマトペーストの凝縮したうまみがおいしさのポイント!トルコを旅したときに出会った料理です。ケーキのように切り分けて、おもてなしにぴったりの一皿です。

スポンサーリンク

いわしのトマトピラフの材料(3~4人分)

 

いわし(三枚におろす) 8~10匹分
米(無洗米) 360ml(2合)
たまねぎ(みじん切り) 1/2コ分
セロリ(みじん切り) 1/2本分
にんにく(みじん切り) 1かけ分
トマト(1cm角に切る) 1コ分
トマトペースト 大さじ1
松の実 大さじ2~3
赤とうがらし(小口切り) 1本分
チリパウダー 大さじ1/2
イタリアンパセリ(ザク切り) 適宜
オリーブ(黒/あれば) 4コ
レモン(皮をむいて輪切り/あれば) 2枚
●オリーブ油・塩・黒こしょう(粗びき)・小麦粉

 

 

いわしのトマトピラフの作り方

1.フライパンにオリーブ油大さじ2を中火で熱し、たまねぎ(みじん切り 1/2コ分)、セロリ(みじん切り 1/2本分)、にんにく(みじん切り 1かけ分)をしんなりするまで炒めます。トマト(1cm角に切る 1コ分)、トマトペースト(大1)を加えて炒め合わせ、米(無洗米 360ml(2合))、松の実(大2~3)を加えてサッと炒めます。

いわしのトマトピラフ

※トマトペーストでうまみをプラス。奥深い味わいになる。

2.全体がまんべんなく混ざったら、赤とうがらし(小口切り 1本分)、チリパウダー(大1/2)を加えて塩・黒こしょう各少々をふります。水カップ2と1/2を加え、煮立ったらふたをして、弱火で15~20分間煮ます。

火を止め、約10分間蒸らします。

 

3.いわし(三枚におろす 8~10匹分)は両面に塩・黒こしょう各少々をふり、皮側のみに小麦粉を薄くまぶします。

※小麦粉をまぶすことで、カリッとした仕上がりに!

4.別のフライパン(直径26cmが最適)にオリーブ油大さじ2をひく。3のいわしの皮側を下にし、尾が中心にくるよう、放射状に並べます。

 

5.2のピラフをのせ、スプーンで表面を平らにします。ふたをして中火で5分間ほど焼きます。

いわしのトマトピラフ

6.いわしにこんがりと焼き色がついたら、フライ返しをいわしとフライパンの間に入れて一周させます。フライパンより大きい皿を上にのせ、手でしっかり押さえながらフライパンをひっくり返して、いわしのトマトピラフを皿に移します。

※フライパンが熱いので、やけどに注意すること。

7.好みでイタリアンパセリ適量を散らし、あればオリーブ(黒/あれば 4コ)とレモン(皮をむいて輪切り/あれば 2枚)を添え、チリパウダー(分量外)をふります。

いわしのトマトピラフ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ