いかのレモン炒め

いかのレモン炒め

料理名 いかのレモン炒め
番組名 NHKきょうの料理
料理人 栗原はるみ
放送局 NHK
放送日 2018年1月18日(木)

 

コメント

「栗原はるみの定番ごはん」シリーズ。ここでは、「いかのレモン炒め」の作り方になります。新鮮ないかを高温でサッと炒め、最後にレモンをギュッと搾れば、あっという間にでき上がり。お皿に残ったソースもおいしいので、ちぎったパンにつけてどうぞ。

いかのレモン炒めの材料(4人分)

 

いか 3~6ぱい(正味300g)
レモン(国産) 1/2コ
にんにく 1かけ
好みのパン(パゲットなど) 適宜
●オリーブ油・塩・黒こしょう(粗びき)

 

 

いかのレモン炒めの作り方

1.レモン(国産 1/2コ)は半分に切ります。にんにく(1かけ)はたたいてつぶします。いか(3~6ぱい(正味300g))はワタごと足を引き抜き、軟骨を除きます。胴は皮をむいて水けをよく拭き、2cm幅の輪切りにします。足からワタ、目、口を切り離し、足の先端を少し切って半分に切る(いかが大きい場合は足を2本ずつに切り離す)。

 

2.フライパンにオリーブ油大さじ2とにんにくを入れて火にかけ、こんがり色づくまで炒めてより香りを出します。

 

 

3.いかを入れて強火で手早く炒め、いかが半透明になったら、塩小さじ1/2、黒こしょう少々をふり、レモン2切れを搾ります。搾ったレモンも皮ごと加えてサッと炒めます。

※いかが堅くなるので、いかの状態をよく見て炒めすぎないようにしましょう。

 

 

4.火を止め、仕上げにオリーブ油大さじ1を回しかけます。器に盛り、好みのパン(パゲットなど 適宜)を添えます。

※オリーブ油を回しかけたあと、レモン汁となじませるように混ぜるとおいしいソースになります。

このページの先頭へ