いかにんじん

スポンサーリンク

いかにんじん

料理名 いかにんじん
番組名 NHKきょうの料理
料理人 土井善晴
放送局 NHK
放送日 2017年11月30日(木)

 

彩りのニンジンはたっぷりと千切りに

「土井善晴の味こよみ」シリーズでは、この時季ならではの料理から「いかにんじん」の作り方になります。市販の松前漬けに調味料とたっぷりのニンジンを加えます。1時間後から食べられますが、冷蔵庫で1日おくとよりしっとりして味がなじみます。

スポンサーリンク

いかにんじんの材料(つくりやすい分量)

 

にんじん 1本(200g)
干しするめいかと昆布を刻んだもの(松前漬けセット/市販) 25g
●酒・みりん・しょうゆ

 

 

いかにんじんの作り方

1.干しするめいかと昆布を刻んだもの(松前漬けセット/市販 25g)をボウルに入れ、酒大さじ3、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1、水大さじ5を加えて軽く混ぜます。

2.にんじん(1本(200g))は皮をむき、4cm長さに切り、縦に薄切りにします。少しずつずらして並べ、端からせん切りにします。

3.1が少ししんなりしたら、にんじんを加えて全体を混ぜ、そのまま1時間以上おきます。

4.1時間後から食べられますが、冷蔵庫で1日おくとよりしっとりして味がなじみます。

●保存容器に入れて、冷蔵庫で3日間保存できます。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ