あぶたま煮

スポンサーリンク

あぶたま煮

あぶたま煮

料理名 あぶたま煮
番組名 NHKきょうの料理
料理人 鈴木登紀子
放送局 NHK
放送日 2015年12月1日(火)

 

油揚げと卵があれば

【登紀子ばぁばの元気印】シリーズでは、91歳のばぁばこと鈴木 登紀子さんが、「あぶたま煮」の作り方を紹介。油揚げと卵があれば出来上がる簡単なお雑煮。油揚げは菜箸を転がして、袋状に開きやすくしましょう。

スポンサーリンク

あぶたま煮の材料(2~3人分)

 

油揚げ 3枚
6コ
だし カップ3
小松菜 適量
溶きがらし 適宜
(A)
みりん 大さじ5
うす口しょうゆ 大さじ2と1/2
少々

 

 

あぶたま煮の作り方

1.油揚げ(3枚)はまな板に縦に置き、手前から向こう側へ菜箸をコロコロ転がし、袋状に開きやすくする。ボウルで受けた平ざるに油揚げをのせ、熱湯を注ぎかける(油抜き)。

※菜箸を転がすことで油揚げを袋状に開きやすくする

-

あぶたま煮2.1の長さを半分に切り、小さな容器に立てて入れ、口を開く。卵1コを別の容器に割り入れ、油揚げの中に流し込む。口側にひだを寄せ、ようじでとめる。残りも同様にする。

-

あぶたま煮3.底の広い浅鍋にだし(カップ3)を煮立て、Aのみりん(大5)、うす口しょうゆ(大2と1/2)、塩(少々 )を加えて2を並べ入れる。弱めの中火にし、落としぶたをして7~8分間煮る。

-

4.小松菜(適量)は塩(少々)を加えた湯でサッとゆでて冷水にとり、水けを絞って3~4cm長さに切る。

-

あぶたま煮5.3のようじを外して縦半分に切り、器に盛る。4の小松菜を3の煮汁にサッと浸し、手前に盛る。煮汁をはり、好みで溶きがらし(適宜)を添えて、あぶたま煮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ