あじのしょうゆ南蛮漬け

スポンサーリンク

あじのしょうゆ南蛮漬け

あじのしょうゆ南蛮漬け

料理名 あじのしょうゆ南蛮漬け
番組名 きょうの料理
料理人 土井 善晴
放送局 NHK
放送日 2015年6月1日(月)

 

旬のあじを使って南蛮漬け

【土井善晴 食卓二十四節気(にじゅうしせつき)】ということで、6月6日ごろの梅雨入りも近づいた芒種(ぼうしゅ)に合わせて、「あじのしょうゆ南蛮漬け」を作って紹介していました。この季節は食べ物が傷みやすいので、酢漬けの料理がおすすめです。

スポンサーリンク

あじのしょうゆ南蛮漬けの材料(つくりやすい分量)

 

小あじ 12匹(250g)
新たまねぎ(色紙切り) 適宜
ピーマン(色紙切り) 適宜
小麦粉 適量
揚げ油 適量
南蛮酢
カップ2
米酢 カップ1/2
うす口しょうゆ カップ1/3
砂糖 カップ1/3
昆布 (8cm四方)1枚
赤とうがらし (小口切り)小さじ1

 

 

あじのしょうゆ南蛮漬けの作り方

1、小あじ(12匹(250g))は包丁でうろこをこそげ、あごの下をエラと一緒につまんで外し、内臓と一緒に取り除く。水(カップ2)で洗って水けをきり、丁寧に水分を拭き取る。ここまでの処理を「水洗い」という。

※洗うとき、水けを拭くとき、粉をまぶすときは、あじの内側まで丁寧に!

-

あじのしょうゆ南蛮漬け2、あじに小麦粉(適量)をまぶし、余分な粉を払い落とす。南蛮酢の材料
水 カップ2
米酢 カップ1/2
うす口しょうゆ カップ1/3
砂糖 カップ1/3
昆布 (8cm四方)1枚
赤とうがらし (小口切り)小さじ1

を鉢などに入れて混ぜておく。

※飲み干せるほど軽い南蛮酢に!

-

あじのしょうゆ南蛮漬け3、揚げ油(カップ1+1/2)をフライパン(ここでは直径24cmを使用)に入れて中火にかける。

菜箸を入れると先から静かに気泡が出るようになったら、あじを入れる。

●あじを加えると温度が下がるので一度火を強め、勢いよく泡が出るようになったら、中火以下にするとよい。

-

4、泡が少なくなり、あじがカラリと揚がったら、油をきって取り出す。

-

あじのしょうゆ南蛮漬け5、2の南蛮酢の砂糖が溶けたら、あじを浸す。好みで、新たまねぎとピーマン(色紙切り 各適宜)も加え、一緒に浸す。あじのしょうゆ南蛮漬けの完成。

※冷蔵庫で5日間ほど保存できます。浸してすぐに食べられますが、時間をおいてなじんだものもおいしいですよ。酢の効果であじの骨も柔らかくなっていきます。

※【保存】冷蔵庫で5日間ほど。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

あじの人気レシピ

第1位

揚げないでも出来た(^_^)v あじの南蛮漬け 

揚げないでも出来た(^_^)v あじの南蛮漬け 

フライパンでカリッと焼いても、出来るんですね。

第2位

野菜たっぷり♪作り置きおかず!アジの南蛮漬け

野菜たっぷり♪作り置きおかず!アジの南蛮漬け

調味料が多いかな?と思いますが、野菜から水分が出るので、これくらい入れたほうがおいしいです。 作った当日もおいしいですが、次の日は味が染みてさらにおいしいです。

第3位

鯵の甘酢ソースがけ

鯵の甘酢ソースがけ

癖のない鯵と甘酢ソースがぴったり!とても美味しいです。

第4位

薬味たっぷり☆アジのタタキ☆

薬味たっぷり☆アジのタタキ☆

新鮮なアジで作りました (*^^*)

このページの先頭へ