鶏の水炊き

スポンサーリンク

鶏の水炊き

鶏の水炊き

料理名 鶏の水炊き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 河野雅子
放送局 NHK
放送日 2016年12月8日(木)

 

うまみたっぷりの水炊き

「年末の充実レシピ!ポカポカ&ごちそう」というテーマで、和風鍋でおもてなし料理2品を紹介していました。ここでは、「鶏の水炊き」の作り方になります。骨付き肉とひき肉の2種類の鶏肉でつくる、うまみたっぷりの水炊きです。骨付き肉は下ゆでをして、クセやアクを取り除くのがポイント!このひと手間で、鶏のうまみと野菜のうまみがなじんで、恥ずかしくないおもてなし鍋に仕上がります。

スポンサーリンク

鶏の水炊きの材料(4人分)

 

鶏もも肉(骨付き/ブツ切り) 500g
つくねのタネ
鶏ひき肉 250g
生パン粉 大さじ4
大さじ2
しょうが(すりおろす) 大さじ1/2
ねぎ(みじん切り) 1/3本分(50g)
小さじ1/3
こしょう 少々
春雨(乾) 50g
キャベツ 1/4コ(400g)
A
しょうが(皮付き/薄切り) 20g
ねぎ(青い部分) 15cm
ポン酢しょうゆ 適量
薬味
柚子こしょう・七味とうがらし 各適宜

 

 

鶏の水炊きの作り方

1.鶏もも肉(骨付き/ブツ切り 500g)は水でサッと洗います。鍋に湯を沸かして鶏肉を入れ、煮立ったら中火で約1分間ゆでます。水にとり、表面を軽くこすって洗います。

-

2.土鍋(または鍋)に水(カップ6)、1の鶏肉、Aのしょうが(皮付き/薄切り 20g)、ねぎ(青い部分 15cm)を入れて中火にかけます。煮立ったら弱火にしてふたをし、時々アクを除きながら15~20分間煮ます。

鶏の水炊き

-

3.ボウルに春雨(乾 50g)を入れてたっぷりの熱湯を回しかけ、4~5分間おきます。ざるに上げ、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。キャベツ(1/4コ(400g))は軸の部分をそぎ取り、4~5cm四方に切ります。

-

4.ボウルにつくねのタネの下記材料を入れ、粘りが出るまで練り混ぜます。

鶏ひき肉 250g
生パン粉 大さじ4
酒 大さじ2
しょうが(すりおろす) 大さじ1/2
ねぎ(みじん切り) 1/3本分(50g)
塩 小さじ1/3
こしょう 少々

-

5.2のねぎとしょうがを取り除き、4のつくねのタネをスプーンで一口大に丸めながら半量くらい入れます。アクが出たら除き、3の春雨とキャベツを適量入れ、煮ます。

-

6.鶏の水炊きの完成。煮えたものから取り分け、ポン酢しょうゆ(適量)と好みで柚子こしょう・七味とうがらしなど(各適宜)をつけて食べます。残りの具材、つくねのタネを器に盛り、加えて煮ながら食べます。

鶏の水炊き


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ