鶏つくねと水菜の鍋

スポンサーリンク

鶏つくねと水菜の鍋

鶏つくねと水菜の鍋

料理名 鶏つくねと水菜の鍋
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2015年11月4日(水)

 

昆布だしでうまみアップ!

だしとうまみで広がる和食というテーマで、「鶏つくねと水菜の鍋」の作り方のご紹介です。昆布だしを弱火にかけて煮立て、酒やしょうゆ、塩で調味します。中火で鶏つくねを柔らかく煮ます。昆布だしベースの煮汁がジワッとなじむ一品。水菜は余熱で温めて歯ごたえを残すのがポイント!

スポンサーリンク

鶏つくねと水菜の鍋の材料(2人分)

 

水菜 200g
七味とうがらし(好みで) 適宜
(昆布だし)
昆布(15×5cm) 1枚
カップ5~6
(鶏つくね)
鶏ひき肉 250g
ねぎ(みじん切り) 大さじ3
大さじ2
大さじ1
かたくり粉 大さじ1/2
しょうが汁 小さじ1/2
小さじ1/5
しょうゆ 少々
(A)
大さじ3
しょうゆ 大さじ1
小さじ2/3

 

 

鶏つくねと水菜の鍋の作り方

1.昆布(15×5cm 1枚)は水で洗い、土鍋(または鍋)に入れて分量の水(カップ5~6)を注ぎ、1~2時間おく。水菜(200g)は根元を切り落とし、5~6cm長さに切る。

-

鶏つくねと水菜の鍋2.ボウルに鶏つくねの鶏ひき肉(250g)、ねぎ(みじん切り 大3)、水(大2)、酒(大1)、かたくり粉(大1/2)、しょうが汁(小1/2)、塩(小1/5)、しょうゆ(少々)を入れ、手で粘りが出るまでよく練り混ぜる。8等分にし、水でぬらした手で丸く形を整える。

-

鶏つくねと水菜の鍋3.1の土鍋を弱火にかけ、煮立ってきたらAの酒(大3)、しょうゆ(大1)、塩(小2/3)を加えて混ぜる。中火にして2を入れ、煮立ったら火を弱めてアクを除き、ふたをして弱火で約10分間煮る。

-

鶏つくねと水菜の鍋4.水菜を加え、火を止める。好みで七味とうがらし(好みで 適宜)をふり、鶏つくねと水菜の鍋の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ