絹ごし豆腐のカプレーゼ風

スポンサーリンク

絹ごし豆腐のカプレーゼ風

絹ごし豆腐のカプレーゼ風

料理名 絹ごし豆腐のカプレーゼ風
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2014年9月1日(月)

 

生で味わう豆腐のカプレーゼ

モッツァレラチーズを使うイタリアンの定番サラダを、柔らかい絹ごし豆腐でアレンジした「絹ごし豆腐のカプレーゼ風」をきょうの料理ビギナーズでは放送していました。なめらかな口当たりを満喫するなら絹ごしを。大豆の味わいを楽しみたいときは、木綿豆腐がおすすめです。

スポンサーリンク

絹ごし豆腐のカプレーゼ風の材料(2人分)

 

絹ごし豆腐 1丁(300g)
トマト(小) 2個
バジル(生) 1~2枝
オリーブ油 大さじ1~2
塩、黒コショウ(粗びき) 各少々

 

 

絹ごし豆腐のカプレーゼ風の作り方

絹ごし豆腐のカプレーゼ風1、絹ごし豆腐(1丁(300g))は、料理バサミでパックの紙片を上面のシートごと切り落とす。

※シートがきれいに除けて豆腐が出しやすい。

絹ごし豆腐のカプレーゼ風2、シートを外し手で軽く抑えながら、パックごと傾けて中の水を出す。手を当てたまま上下を返し、パックを外す。

絹ごし豆腐のカプレーゼ風3、まな板に豆腐を縦長に置き、包丁を横にして横半分に切る。包丁を縦にし、約2㎝幅に切る。

※豆腐は動かさずに包丁の向きを変えて切ると、くずれにくい。

絹ごし豆腐のカプレーゼ風4、トマト(小 2個)はヘタを除き、横に1㎝幅の輪切りにし並べる。豆腐を1切れずつ倒し、フライ返しを差し込んで持ち上げ、トマトにのせる。

絹ごし豆腐のカプレーゼ風

絹ごし豆腐のカプレーゼ風

5、器に4を盛り、バジルの葉(生 1~2枝)を1~2枚ずつのせる。塩、粗びき黒コショウ( 各少々)をふり、オリーブ油(大1~2)をかけて、絹ごし豆腐のカプレーゼ風の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ