白身魚の酒蒸し

スポンサーリンク

白身魚の酒蒸し

白身魚の酒蒸し

料理名 白身魚の酒蒸し
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2015年6月10日(水)

 

蒸す時に酒を加えて風味をプラス!

おいしさアップ!和の味つけということで、お酒を使った料理「白身魚の酒蒸し」の作り方の紹介です。魚のくせを出しにくくし、食材を柔らかくします。材料をフライパンに入れて、蒸すだけのシンプルで簡単な料理です。今回は、たいを使いますが、すずき、生たらなどでもおいしく出来ます。

スポンサーリンク

白身魚の酒蒸しの材料(2人分)

 

白身魚(切り身) 2切れ(180~200g)
青ねぎ 4本(80g)
しょうが 1/2かけ
小さじ1/4
適量

 

 

白身魚の酒蒸しの作り方

白身魚の酒蒸し1.白身魚(切り身 2切れ(180~200g))は横長に置き、皮に切り目を縦に4~5本入れる。ボウルに入れ、塩(小1/4)、酒(大1)をかけて、全体をからめ5~8分おいて下味をつける。

※酒で魚の臭みを取り除く

●白身魚はたい、すずき、生たらなど

-

2.青ねぎ(4本(80g))は斜め薄切りにし、しょうが(1/2かけ)は千切りにする。青ねぎとしょうがを混ぜ合わせておく。

-

白身魚の酒蒸し3.1の魚の水気をペーパータオルで拭き取り、フライパンに皮を上にして並べ入れる。

2を上からのせ、酒(大4)をふりかける。

-

4.蓋をして中火にかけ、煮立ったら弱火で7~8分間蒸す。

-

白身魚の酒蒸し5.器に盛り、白身魚の酒蒸しの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ