焼きギョーザ

スポンサーリンク

焼きギョーザ

焼きギョーザ

料理名 焼きギョーザ
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 パン・ウェイ
放送局 NHK
放送日 2016年2月8日(月)

 

極うま焼き餃子

おうちで極上!中国料理というテーマで、ひき肉を使った定番の中華「焼きギョーザ」の作り方の紹介です。ひき肉はペーパータオルで水分を取り、調味料を1種類入れるたびによく混ぜるところが、美味しさのポイント!れんこんとにんにくの芽を混ぜて食感のよい極うま餃子です。仕上げのごま油で底をカリッとさせ、風味をプラス!棒状の北京風の包み方で簡単です。焼いているうちに肉汁が皮にしみて、一層おいしくなります。

スポンサーリンク

焼きギョーザの材料(20コ分)

 

ギョーザの皮(市販) 20枚
豚ひき肉 200g
れんこん 45g
にんにくの芽 約1ワ(110g)
サラダ油 大さじ1
ごま油 小さじ1
下味
しょうが(みじん切り) 小さじ2
こしょう 小さじ1/4
紹興酒(または酒) 大さじ2
しょうゆ 大さじ1/2
顆粒チキンスープの素(中国風) 大さじ1
ごま油 大さじ2
たれ(好みで)
黒酢(または米酢) 大さじ2
ごま油 大さじ1/2

 

 

焼きギョーザの作り方

焼きギョーザ1.れんこん(45g)は粗みじん切りにし、にんにくの芽(約1ワ(110g))は2mm幅に切る(小口切り)。ボウルに豚ひき肉(200g)を入れ、ペーパータオルで包むようにして水分をしっかり吸い取る。

※水分をとっておくと、肉のくさみが取れる。

-

2.1のひき肉に、下味のしょうが(みじん切り 小2)、こしょう(小1/4)、紹興酒(または酒 大2)、しょうゆ(大1/2)、顆粒チキンスープの素(中国風 大1)、ごま油(大2)を順に1種類ずつ入れ、そのつど手でよく混ぜる。白っぽくなり、粘りが出るまで混ぜる。

※1種類ずつ入れ、混ぜることで、まんべんなく味が行き渡る

-

3.にんにくの芽とれんこんを加え、全体に一体感が出るようによく混ぜ込む。

-

4.3を20等分し、ギョーザの皮(市販 20枚)の真ん中に細長くのせる。皮の真ん中の部分に水(少々)をつけ、上下の皮をくっつける。横は開いたままでよい。

-

焼きギョーザ5.サラダ油(大1)をひいたフライパンに4を並べ、中火で焼く。底に焼き色がついたら、ギョーザの半分くらいの高さまで湯を注いでふたをし、湯が半量に減るまで焼く。

-

6.ふたを取り、水分がなくなるまで焼いたら、ギョーザとフライパンの間にフライ返しを差し込み、ギョーザを少し浮かせて鍋肌からごま油(小1)を回し入れる。

-

焼きギョーザ7.底が上になるように器に盛る。好みで黒酢(または米酢 大2)とごま油(大1/2)を混ぜ合わせたたれを添えて、焼きギョーザの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ