焼きさんまのエスカベッシュ風

スポンサーリンク

焼きさんまのエスカベッシュ風

焼きさんまのエスカベッシュ風

料理名 焼きさんまのエスカベッシュ風
番組名 きょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2014年10月7日(火)

 

さんまとたっぷりの野菜をサラダ感覚で

秋の食材で学ぶ 切る・焼く・煮るというテーマで、「焼きさんまのエスカベッシュ風」の作り方のご紹介です。エスカベッシュュは、揚げた魚の酢漬けです。今回は揚げるかわりにフライパンでさんまを焼きます。たっぷりの野菜と一緒にサラダ感覚で楽しめる一品です。

スポンサーリンク

焼きさんまのエスカベッシュ風の材料(2人分)

 

さんま 2匹
フレンチドレッシング カップ1/2
たまねぎ (小)1コ
セロリ 1本
にんじん 4cm
トマト (小)1コ
サラダ油 少々
少々
こしょう 少々

 

 

焼きさんまのエスカベッシュ風の作り方

 

下ごしらえをする

焼きさんまのエスカベッシュ風

1.さんま(2匹)は頭を切り落とし、内臓を除く。水で洗い、ウロコが残っていたら除き、水けを拭く。両面の皮に7~8mm幅の切り目を入れ、長さを4等分に切り、水で洗って水けを拭く。

※切り口から内臓を少し引き出し、そのまま包丁の先で押さえながらさんまを引いて内臓を抜く。頭と内臓は新聞紙に包んで捨てる。

-

 

焼く

焼きさんまのエスカベッシュ風

2.フライパンにサラダ油(少々)を薄く塗り、中火でよく温める。さんまを並べ入れ、強めの中火で2~3分間焼く。

-

焼きさんまのエスカベッシュ風ふたをして弱火で約2分間焼き、返して再び強めの中火にし、約2分間焼く。

-

焼きさんまのエスカベッシュ風ボウルにフレンチドレッシング(カップ1/2)を入れ、さんまを加え、混ぜて冷ます。

※こんがりと焼いたさんまは、熱いうちにドレッシングにつけると、冷めるときに味がよくなじむ。

-

 

野菜を切る

焼きさんまのエスカベッシュ風

3.たまねぎ((小)1コ)は縦半分に切り、繊維に沿って薄切りにする。セロリ(1本)は筋を除いて4cm長さに切り、繊維に沿って薄切りにする。にんじん(4cm)はせん切りにする。トマト((小)1コ)はヘタを除き、横半分に切り、種を除いて1cm角に切る。

-

 

仕上げる

4.2に3を加えて混ぜ、味をみてうすければ、塩(少々)・こしょう(少々をふる。野菜がしんなりするまで約30分間つける。

-
焼きさんまのエスカベッシュ風

焼きさんまのエスカベッシュ風

5.器に盛り、焼きさんまのエスカベッシュ風の完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ