冷やし中華

スポンサーリンク

冷やし中華

冷やし中華

料理名 冷やし中華
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 菊池晋作
放送局 NHK
放送日 2017年8月21日(月)

 

簡単手づくりだれで

「バツ江が楽しくダメ出しする料理塾」のシリーズでは、夏の麺をテーマに「冷やし中華」の作り方を紹介。中華麺はゆでた後、よくもみ洗いすることがポイント!コシがあって口当たりもなめらかに仕上がります。

スポンサーリンク

冷やし中華の材料(2人分)

 

中華麺(生) 2玉(240g)
2コ
水溶きかたくり粉
かたくり粉 大さじ1/2
大さじ1/2
ハム 4枚(60g)
きゅうり 1本(100g)
トマト (小)1コ(100g)
たれ(つくりやすい分量)
スープ カップ1
大さじ5
しょうゆ 大さじ5
砂糖 大さじ4
ごま油 小さじ2
練りがらし 適宜
[常備品]塩/サラダ油

 

 

冷やし中華の作り方

1.ボウルにたれの材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やします。

●スープ(カップ1)は顆粒チキンスープの素(中国風)を表示どおりに湯で溶いたもの

●冷蔵庫で保存し、約2日間を目安に使いきる。

-

2.ボウルに卵(2コ)をよく溶きほぐします。塩少々、かたくり粉(大1/2)と水(大1/2)をよく混ぜた水溶きかたくり粉を加えて混ぜます。

フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、卵液の1/2を薄く流して弱火で焼きます。固まって縁が乾いてきたら、菜箸ではがします。向こう側を菜箸と手で持ち上げて返し(やけどに注意)、サッと焼いて取り出します。サラダ油少々を足し、残りの卵液を同様に流して焼き、取り出して冷まします。

※水溶きかたくり粉を加えると、しっとりとした焼き上がりになる

-

3.きゅうり(1本(100g))は斜め薄切りにし、少しずつ重ねながら並べて端からせん切りにします。ハム(4枚(60g))は半分に切って重ね、せん切りにします。薄焼き卵は4~5cm幅に切って重ね、端からせん切りにします(錦糸卵)。

トマト((小)1コ(100g))は縦半分に切ってヘタを除き、それぞれ4等分のくし形に切ります。トマトは押しつぶさないよう包丁を前後に動かして切ります。

冷やし中華

-

4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華麺(生 2玉(240g))を手でもみほぐし、パラパラと入れます。再び沸騰するまで軽く混ぜます。麺が常に踊るくらいの火加減にし、袋の表示時間を目安にゆでます。

●コシを出そうとゆで時間を短めにすると、冷やしたときに食感が悪くなるので注意。

-

5.ざるに上げ、流水をかけて冷まします。ボウルに冷水(あれば氷水)を入れ、ざるごとつけます。両手でもむようにして麺を洗って表面のぬめりを取り除きます。

ざるを引き上げ、手で麺を押して水けをきります。水けが残っていると味が薄くなるので、しっかりきります。

 

-

6.器に麺を盛り、きゅうり、ハム、トマト、錦糸卵をのせてたれ適量を注ぐ。好みで練りがらし(適宜)を添えます。

冷やし中華


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ