マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ

スポンサーリンク

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ

料理名 マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 関岡弘美
放送局 NHK
放送日 2016年8月3日(水)

 

生地を薄く焼いてフルーツとクリームを

「初めてでも簡単!ひんやりスイーツ」というテーマで、スイーツ2品を紹介していました。ここでは、「マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ」の作り方になります。マンゴーとパイナップル、そしてホイップクリームをたっぷりと巻いた、リッチな味わいのクレープ。

スポンサーリンク

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープの材料(4コ分)

(生地)
1コ
(A)
グラニュー糖 20g
牛乳 120ml
薄力粉 40g
バター(あれば食塩不使用) 10g
マンゴー 1/2コ
パイナップル 1/8コ
(B)
生クリーム(乳脂肪分45~47%) カップ1/2
グラニュー糖 大さじ1

 

 

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープの作り方

1.生地を作る。小さな耐熱容器にバター(あれば食塩不使用 10g)入れてラップをし、電子レンジ(600W)に10~20秒間かけて溶かす。

小さめの鍋にAのグラニュー糖(20g)、牛乳(120ml)を中火にかけグラニュー糖を溶かす。

-

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープボウルに卵(1コ)を割りほぐし、薄力粉(40g)をふるい入れて泡立て器で混ぜる。Aを少しずつ加えながら混ぜ、溶かしたバターも加えてよく混ぜる。ボウルにラップをして、常温で30分間ほど休ませる。

-

2.フライパンを弱めの中火で熱し、バター少々(分量外)を薄く塗り、1を玉じゃくし1杯分ほど流し入れる。フライパンを手早く回しながら均等に薄く広げ(直径20cmほどが目安)、焼き色がついたら裏返して裏面もサッと焼く。バットなどに取り出し、残りも同様に焼き(2枚目以降はバターを塗らなくてよい)、冷ます。

-

3.ボウルにBの生クリーム(乳脂肪分45~47% カップ1/2)、グラニュー糖(大1)を入れ、泡立て器(あればハンドミキサー)で八分立てにする(泡立て器ですくうと柔らかいツノが立つくらい)。マンゴー(1/2コ)は皮をむいて種を除き、縦に8等分に切る。パイナップル(1/8コ)は皮を除き、一口大に切る。

-

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ4.2のクレープ1枚の手前半分に、3のクリーム1/4量をのせてフルーツ1/4量を並べる。

-

マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープ5.半分に折り、左右を折りたたむ。残りも同様につくる。マンゴーとパイナップルのトロピカルクレープの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ