カリフラワーのひき肉包み煮

スポンサーリンク

カリフラワーのひき肉包み煮

カリフラワーのひき肉包み煮

料理名 カリフラワーのひき肉包み煮
番組名 きょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2016年1月13日(水)

 

塩味であっさりやさしい

野菜が主役!たっぷり味わう冬野菜というテーマで、「カリフラワーのひき肉包み煮」の作り方の紹介です。小房にしたカリフラワーに鶏ひき肉を合わせて丸くボール状にして煮込みます。鶏ひき肉のうまみとあっさりとした塩味に仕上げて、柚子の香りがやさしい一品です。

スポンサーリンク

カリフラワーのひき肉包み煮の材料(2人分)

 

カリフラワー 1/2コ(200g小房8コ分)
(ひき肉ダネ)
鶏ひき肉 200g
ねぎ(みじん切り) 大さじ3
大さじ1~2
大さじ1
かたくり粉 大さじ1/2
しょうが(すりおろす) 小さじ1/2
小さじ1/4

 

だし カップ2
(A)
大さじ3
みりん 大さじ1
小さじ1/2
(水溶きかたくり粉)

 

かたくり粉 大さじ2
大さじ2
●柚子の皮(せん切り/あれば)・かたくり粉

 

 

カリフラワーのひき肉包み煮の作り方

1.ボウルにひき肉ダネの鶏ひき肉(200g)、ねぎ(みじん切り 大3)、水(大1~2)、酒(大1)、かたくり粉(大1/2)、しょうが(すりおろす 小1/2)、塩(小1/4)を入れ、手でよく練り混ぜて8等分にする。

-

カリフラワーのひき肉包み煮2.カリフラワー(1/2コ(200g小房8コ分))は小房に切り分け、茎の部分にかたくり粉を薄くまぶし、1のひき肉ダネと合わせ、丸く形を整える。茎をひき肉ダネに押しつけ、下半分を包む。

※カリフラワーの茎にかたくり粉をまぶすとひき肉ダネがつきやすくなる。

-

カリフラワーのひき肉包み煮3.鍋にだし(カップ2)を入れて中火にかけ、煮立ったらAの酒(大3)、みりん(大1)、塩(小1/2)を加えて混ぜ、2をひき肉ダネを下にして並べ入れる。

再び煮立ったら、火を弱めてアクを除き、ふたをして弱火で15~20分間、カリフラワーが柔らかくなるまで煮る。

火を止め、カリフラワーを取り出して器に盛る。

※カリフラワーは火が通りにくいひき肉ダネを下にして並べ入れる。

-

4.3の鍋を再び中火にかけ、残った煮汁が煮立ったら、かたくり粉(大2)と水(大2)を合わせた水溶きかたくり粉を混ぜて加え、混ぜてとろみをつける。

-

カリフラワーのひき肉包み煮5.4に千切りした柚子の皮(適量)を入れ、煮立ったら火を止めて3にかけて、カリフラワーのひき肉包み煮の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ