ひき肉の親子丼弁当

スポンサーリンク

ひき肉の親子丼弁当

ひき肉の親子丼弁当

料理名 ひき肉の親子丼弁当
番組名 きょうの料理ビギナーズ
料理人 杉山智美
放送局 NHK
放送日 2016年3月1日(火)

 

ひき肉を使って短時間で親子丼を

「ポイントおさえて お弁当マスター!」というテーマで、お弁当料理2品を紹介。ここでは、「ひき肉の親子丼弁当」の作り方になります。火が通りやすい鶏ひき肉を使って、朝の忙しい中でも短時間で完成!仕上げの卵は、余熱でしっかり火を通すのがポイントです。きのこと小松菜のごま和えを合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

ひき肉の親子丼弁当の材料(1人分)

 

親子丼
鶏ひき肉 80g
たまねぎ 1/6コ(40g)
1コ
A
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
大さじ1
大さじ2
ご飯 150g
きのこと野菜のごまあえ
にんじん 20g
小松菜 1株
しめじ 1/8パック(約15g)
B
すりごま(白) 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2

 

 

ひき肉の親子丼弁当の作り方

1.下ごしらえをする。たまねぎ(1/6コ(40g))は繊維に沿って薄切りにする。にんじん(20g)は2cm長さ、1cm幅の短冊形に切り、小松菜(1株)は3cm長さに切る。しめじ(1/8パック(約15g))は根元の部分を除いてほぐす。卵(1コ)は溶きほぐす。

親子丼Aのしょうゆ(大1)、みりん(大1)、酒(大1)、水(大2)を混ぜ合わせておく。きのこと野菜のごまあえBのすりごま(白 小1)、しょうゆ(小1/2)を混ぜ合わせておく。

-

ひき肉の親子丼弁当2.ごまあえをつくる。小さめのフライパンに、にんじん、小松菜、しめじと水(大2)を入れ、ふたをして中火で2~3分間蒸し煮にする。水けをきってボウルに入れ、Bであえる(きのこと野菜のごまあえの完成)。

-

ひき肉の親子丼弁当3.親子丼の具をつくる。2のフライパンにAを入れて中火で煮立て、鶏ひき肉(80g)とたまねぎを入れ、ひき肉をほぐしながら煮る。

肉の色が変わったら、溶き卵を回し入れ、ふたをして30秒間加熱する。

火を止めてふたをしたまま蒸らし、余熱で卵に火を通す(親子丼の具の完成)。

-

ひき肉の親子丼弁当4.弁当箱にご飯(150g)を詰めて3をのせる。別容器に2のごまあえを詰める。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ