なすとツナの塩炒め

スポンサーリンク

なすとツナの塩炒め

なすとツナの塩炒め

料理名 なすとツナの塩炒め
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2015年5月14日(木)

 

なすとツナ缶でメインの一品に

身近な野菜をグレードアップということで、「なすとツナの塩炒め」の作り方の紹介です。じっくりと炒めたことでなすの皮はツヤツヤ、中は柔らかに仕上がります。ツナの味がよくからんで、うまみのある塩味と赤とうがらしの辛みが味を引き締めます。

スポンサーリンク

なすとツナの塩炒めの材料(2人分)

 

なす 4コ
ツナ(缶詰/油漬け) (小)7缶(80g)
赤とうがらし 1本
[常備品]サラダ油/塩

 

 

なすとツナの塩炒めの作り方

 

1、下ごしらえをする

 

なすとツナの塩炒めなす(4コ)はへタを切り落とし、縦半分に切って1cm幅の斜め切りにする。ツナ(缶詰/油漬け (小)7缶(80g))は缶汁をきり、塊タイプは粗くほぐす。赤とうがらし(1本)は種を除いて5mm幅の輪切りにする。

2、炒める

 

フライパンにサラダ油(大2)を中火で熱し、なすを入れて炒める。

なすが油を吸ったらふたをし、弱めの中火で途中で上下を返しながら、4~5分間加熱する。

3、仕上げる

なすとツナの塩炒め

なすがしんなりしたら、赤とうがらし、ツナを加え、サッと炒め合わせる。塩(小1/4)をふって混ぜる。

 

 

 

 

 

-

なすとツナの塩炒め器に盛り、なすとツナの塩炒めの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ