すいかのシャーベット

スポンサーリンク

すいかのシャーベット

料理名 すいかのシャーベット
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 関岡弘美
放送局 NHK
放送日 2016年8月2日(火)

 

ふんわりとした食感のシャーベット

「初めてでも簡単!ひんやりスイーツ」というテーマで、スイーツ2品を紹介していました。ここでは、「すいかのシャーベット」の作り方になります。すいかの果肉と果汁にゼラチンを混ぜて凍らせると、ふんわりとした食感のシャーベットになります。仕上げにチョコチップを飾って、本物のスイカのようにも!!

スポンサーリンク

すいかのシャーベットの材料(つくりやすい分量/約500ml分)

 

すいか 1/8コ(正味400g)
粉ゼラチン 8g
グラニュー糖 150g
レモン汁 大さじ1
チョコチップ 適量

 

 

すいかのシャーベットの作り方

1.小さな器に水大さじ3を入れ、粉ゼラチン(8g)をふり入れる。そのまま3分間ほどおいてふやかす。

-

2.すいか(1/8コ(正味400g))はスプーンで果肉をすくい出してボウルに入れ、種を除いてフォークでざっとつぶす。

-

CIMG77743.鍋に2の1/3量とグラニュー糖(150g)を入れて中火にかけ、グラニュー糖を溶かす(溶ければいいので、煮立てる必要はない)。火から下ろし、ふやかした1のゼラチンを加えて溶かす。

-

4.残りの2に、レモン汁(大1)と3を加えてよく混ぜ合わせる。まだ熱いようなら、氷水を入れた別のボウルに重ねて冷ます。

-

CIMG77755.4をバットなどに流し入れ、冷凍庫に2時間ほどおいて凍らせる。

-

CIMG77736.食べる直前に2~3分間ほど常温におき、フォークで削る。器に盛ってチョコチップ(適量)を飾り、すいかのシャーベットの完成。

※残った分はふた付きの保存容器に移し、冷凍庫で保存する。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ