さんまの塩焼き

スポンサーリンク

さんまの塩焼き

さんまの塩焼き

料理名 さんまの塩焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2014年10月7日(火)

 

フライパンでパリッとさんまの塩焼き

秋の食材といえば「さんま」。今回はフライパンを使って皮をパリッと焼き仕上げます。フライパンをよく熱しておくのが、こんがり焼くコツです。蓋をして中までしっかり火を通しましょう。

スポンサーリンク

さんまの塩焼きの材料(2人分)

 

さんま 2匹
大根(すりおろす) 200g
すだち 1個
小さじ1/2
サラダ油 少々
しょうゆ 少々

 

 

さんまの塩焼きの作り方

1、さんま(2匹)は水の中に入れ、指で表面をこすって洗い、ウロコが残っていたら取り除く。ペーパータオルで水気を拭く。

さんまの塩焼き2、さんまを横長に置いて長さを半分に切る。新鮮な旬のさんまは、内臓を取り除かなくてもよく。

さんまの塩焼き3、両面に塩(小1/2)を振る。

※少し高いところから振ると、まんべんなくかかりやすい

4、大根(すりおろす 200g)は汁気を軽くきる。すだち(1個)は横半分に切る。

5、フライパンにサラダ油(少々)を薄く塗り、中火で熱する。

※菜箸を水で軽くぬらし、先をフライパンに当て、ジュッと音がしたらよく温まった合図。

さんまの塩焼きさんまを盛り付けるときに上になる面側を下にして並べ入れる。

※表面を焼き固め、うまみや水分を閉じ込める

さんまの塩焼き6、強めの中火で2~3分間焼き、蓋をして弱火で約3分間焼く。

※蓋をして熱を閉じ込め、中までじっくり火を通す。

さんまの塩焼き7、フライ返しと菜箸ではさんで返し、再び強めの中火にして蓋を外したまま約3分間焼く。

※脂が出てきたら、ペーパータオルで拭き取る

さんまの塩焼き

さんまの塩焼き

8、器にさんまを盛り、大根おろし、すだちを添え、大根おろしにしょうゆ(少々)をかける。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ