さんまの塩焼き

スポンサーリンク

さんまの塩焼き

さんまの塩焼き

料理名 さんまの塩焼き
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2015年10月5日(月)

 

フライパンでさんまの塩焼き

フライパンで魚をおいしくということで、「」の作り方の紹介です。塩、こしょうで味つけし、レモンを絞りかけて、ちょっと洋風に味わう塩焼きです。旬ならではの味覚が、おなじみのフライパンを使って手軽に楽しめます!フライパンでも、皮をパリッと香ばしく焼きあげます。

スポンサーリンク

さんまの塩焼きの材料(2人分)

 

さんま 2匹(300g)
ピーマン 2コ(80g)
レモン(半月形に切る) 2切れ
塩、こしょう 各少々
サラダ油 適量

 

 

さんまの塩焼きの作り方

1.さんま(2匹(300g))は水に入れ、指で表面をこすって洗い、汚れや残っているウロコを除く。ペーパータオルにのせ、上から別のペーパータオルで抑えて水けを拭く。

-

2.さんまを横長に置き、内臓ごと半分に切る。

-

3.両面に斜めに浅い切り目を1本ずつ入れる。

※切り目を入れると火が通りやすくなり、見栄えが良くなる。

-

さんまの塩焼き4.両面に塩、こしょう(各少々)をふる。

-

5.ピーマン(2コ(80g))は縦半分に切り、ヘタと種を除き、さらに横半分に切る。

-

さんまの塩焼き6.フライパンにサラダ油(大1/2)を中火で熱し、ピーマンを入れて約2分間焼く。

返してふたをし、2~3分間蒸し焼きにする。火を止めて取り出し、塩(少々)をふる。

-

7.6のフライパンをサッと拭いてサラダ油(大1/2)を中火で熱し、さんまを盛り付けるときに上になる面(頭が左、腹が手前)を下に並べ入れる。約2分間焼いたら弱火にし、さらに3~4分間焼く。

※焼き色がつくまで動かさない

-

8.フライ返しと菜箸で挟んで返し、再び中火で約2分間焼き、さらに弱火で3~4分間焼く。途中で油がたくさん出てきたら、ペーパータオルで拭く。

-

さんまの塩焼き9.器にさんまを盛り、6のピーマン、レモン(半月形に切る 2切れ)を添えて、さんまの塩焼きの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

さんまの人気レシピ

第1位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第2位

新さんま♪入荷!基本の焼き方(フライパンで)

新さんま♪入荷!基本の焼き方(フライパンで)

Pickupレシピに選ばれたレシピです♪新秋刀魚、入荷しました。フライパンで焼くので、臭いや煙が気になりません。ワタを取らずに、そのまま素材の味を楽しみます。

第3位

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

骨までやわらか★ほろほろ!秋刀魚の筒煮

焼き魚が一番だけど、たまにはこんなのも。 骨までほろほろです。

第4位

ご飯が進みます☆秋刀魚の甘辛揚げ煮

ご飯が進みます☆秋刀魚の甘辛揚げ煮

ほんとにご飯が進みます。いくらでも食べられる勢いのスーパーおかずです。

このページの先頭へ