おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)

スポンサーリンク

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)

料理名 おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)
番組名 NHKきょうの料理ビギナーズ
料理人 大庭英子
放送局 NHK
放送日 2015年9月1日(火)

 

定番の三角おにぎり

新米を味わう!「和」のご飯ということで、定番の三角おにぎり3種の作り方です。具材は、塩気のある人気の梅干し、さけ、たらこ。手の形と力の入れ具合がポイント!冷めたときにも、ふっくらご飯の食感が残る、そんなおにぎりを目指しましょう。

スポンサーリンク

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)の材料(2人分/6コ分)

 

ご飯(温かいもの) 500g
梅干し 2コ
塩ざけ(切り身) (小)1切れ
たらこ (小)1/2腹
焼きのり(全形) 2枚

 

 

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)の作り方

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)1.魚焼きグリルを強火で熱し、たらこ((小)1/2腹)の両面をサッと焼いて焼き色をつける。取り出して塩ざけ(切り身 (小)1切れ)を入れ、中火で両面を焼く。

粗熱が取れたら、たらこは飾り用に1cm幅に2コを切り分け、残りを半分に切る。さけは骨を除いて粗くほぐし、飾り用少々を取り分けて2つに分ける。

梅干し(2コ)は種を除き、飾り用少々を取り分ける。

焼きのり(全形) 2枚は料理ばさみで、長辺を3等分に切って帯状にする。

-

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)2.小さめの茶碗にご飯(温かいもの 500g)を軽く1杯(約80g)入れ、大きめのパットに移す。残り5コ分も同様にして並べる。

-

3.ボウルに水(カップ1~2)を入れ、小皿などに塩(適量)を入れておく。

-

4.両手を水でぬらして軽く拭き、指2本の先に塩(少々)をつけ、手のひらに薄く広げる。

※手の水気をふきとることで、ご飯が水っぽくならない

-

5.2のご飯が触れるくらいになったら、1コ分を手にとり、中央に1の具の1種類(飾り用を除いた1/2量)をのせて軽く押す。周りのご飯をかぶせて埋め、両手で包み込むようにしてまとめる。

-

6.下の手で厚みを調節し、上の手をくの字に曲げて角をつくり、手前に転がしながら三角形に整える。残りも同様ににぎる。

-

おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)7.手の水けをしっかり拭き、切っておいたのりを6の底の部分からはさむように巻く。残りも同様に巻き、上に飾り用の具をのせて目印にして、おにぎり3種(梅干し、さけ、たらこ)の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ