食べるドレッシング

スポンサーリンク

食べるドレッシング

食べるドレッシング

料理名 食べるドレッシング
番組名 NHKあさイチ
コーナー イチおし
料理人 佐藤秀美
放送局 NHK
放送日 2015年11月11日(水)

 

切り干し大根を具としてドレッシングとして

NHKあさイチでは、イチおしと「切り干し大根」に着目!地味ながらもカリウム、食物繊維、鉄などが豊富な、栄養的にも優れた食べ物ということで、切り干し大根を使った料理を数レシピ紹介。ここでは、切り干し大根を調味料と合わせて漬け置きし、ドレッシングとしていただく「食べるドレッシング」の作り方になります。

スポンサーリンク

食べるドレッシングの材料(作りやすい量)

 

切干大根 30g
にんじん 1/4本
こんぶ(細切り) 5g
150ml
砂糖 大さじ4
食塩 小さじ1/2
ごま油 小さじ4
しょうゆ 大さじ2
とうがらし 1本
かつおだし 小さじ1

 

 

食べるドレッシングの作り方

1.酢(150ml)、砂糖(大4)、食塩(小1/2)、かつおだし(小1)、ごま油(小4)、しょうゆ(大2)を混ぜ合わせる。

-

食べるドレッシング2.さっと洗った切干大根(30g)と、せん切りのにんじん(1/4本)・こんぶ(細切り 5g)・とうがらし(1本)をふた付きの瓶に入れ、1の調味液をかける。

ふたをして冷蔵庫で半日ほど置く。

-

食べるドレッシング3.食べるドレッシングの完成。切り干し大根が調味液を十分吸ったら食べられる。

刻んだレタスやキャベツ、トマトなどと合わせていただく。

※冷蔵庫で約1カ月保存可能


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ