西京焼き

スポンサーリンク

西京焼き

西京焼き

料理名 西京焼き
番組名 NHKあさイチ
コーナー 解決!ごはん
料理人 佐藤雄一
放送局 NHK
放送日 2014年12月1日(月)

 

焼き魚もフライパンでふっくらと

「我が家の焼き魚がとてもかたくなって」というお悩みに、身がふっくらとした「西京焼き」を作っておすすめしていました。失敗しないポイントは、ガーゼ、フライパン、オーブン用のシート紙を使うところです。

スポンサーリンク

西京焼きの材料(2切れ分)

 

銀だら(または好みの魚)切り身 2切れ
少々
西京みそ 300g
酒、みりん 各50ml
サラダ油 少量
大根おろし(水けをきる) 30g
卵黄 1コ分
※ご家庭にあるみそを使う場合の分量
みそ 200g
酒、みりん 各50ml
砂糖 50g

 

 

西京焼きの作り方

西京焼き1、銀だらに塩(少々)をふり、少しおく。

 

-

西京焼き2、ボウルに西京みそ(300g)、酒、みりん(各50ml)を入れてよく混ぜる。

-
●ご家庭にあるみそを使う場合(みそ漬け焼き)

西京焼きみそ(200g)、酒、みりん(各50ml)、砂糖(50g)を入れてよく混ぜる。

-

西京焼き3、バットに(2)の半量、ガーゼ、銀だら、ガーゼ、(2)の残り半量の順番に重ねる。

※カーゼを使えば、はがしやすい

-

西京焼き冷蔵庫で一晩おく。

※冷凍庫で約1か月間保存可能。

 

-

西京焼き4、フライパンにオーブン用のシートをしき、少量のサラダ油(少量)を薄く伸ばして銀だらをのせる。

ふたをして中火で皮から4分間焼く。

裏返してさらに3分間焼く。

※フライパンで焼くことでふっくらと、オーブン用のシートをしくことで、皮がフライパンにつかない

-

西京焼き5、皿に大根おろし(水けをきる 30g)と卵黄(1コ分)をよく混ぜた黄身おろしを添えて、西京焼きの完成。

 

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ