手鞠(てまり)すし

スポンサーリンク

手鞠(てまり)すし

料理名 手鞠(てまり)すし
番組名 NHKあさイチ
料理人 伏木暢顕
放送局 NHK
放送日 2016年12月5日(月)

 

すっきりとした甘さ

NHKあさイチでは、「飲む美容液!驚きの“甘酒”パワー」特集ということで、甘酒を使った料理を紹介していました。ここでは発酵王子こと伏木暢顕さんによる「手鞠(てまり)すし」の作り方になります。甘酒を砂糖代わりに使った酢飯でつくります。ラップを使って手軽にできる簡単!手鞠り寿司。

スポンサーリンク

手鞠(てまり)すしの材料

 

お米 2合
すし酢
80ml
甘酒 70ml
小さじ2
すしだね お好みで

 

 

手鞠(てまり)すしの作り方

1、お米(2合)を炊きます。すし酢の酢(80ml)、甘酒(70ml)、塩(小2)は混ぜ合わせておきます。

手鞠(てまり)すし

-

2、ごはんが炊けたら、盤台に移しすし酢を加え、うちわであおぎながら切るようにまぜ10等分にします。

-

3、すしだね(お好みで)は大きいものはカットしておき、ラップの中央におき、(2)のごはんをのせて茶巾絞りにします。

手鞠(てまり)すし

-

4、ラップをはずし、器に盛って手鞠(てまり)すしの完成。

手鞠(てまり)すし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ