干しにんじんの四川風炒め

スポンサーリンク

干しにんじんの四川風炒め

干しにんじんの四川風炒め

料理名 干しにんじんの四川風炒め
番組名 NHKあさイチ
コーナー 夢の3シェフNEO
料理人 井桁良樹
放送局 NHK
放送日 2014年11月11日(火)

 

白いごはんにもお酒にもよく合う

旬のみずみずしい食材を使って、アイデアの極上のひと皿をお届けする夢の3シェフNEO。今回、この時期、旬を迎える「にんじん」をテーマに、和洋中それぞれ絶品レシピを公開していました。にんじんを味わい尽くす技満載でお届けです。四川の伝統的な料理を、家庭で作りやすいようにアレンジしました。干したにんじんのカリッとした歯ごたえがポイント。白いごはんにもお酒にもよく合います!

スポンサーリンク

干しにんじんの四川風炒めの材料

 

にんじん 1本
ピーナツ、シャンツァイ 20g
砂糖 小さじ2
黒酢 小さじ1強
しょうゆ 小さじ1
ひとつまみ
サラダ油 大さじ1
ホワジャオ(粒) 10粒
赤とうがらし 2本

 

 

干しにんじんの四川風炒めの作り方

 

下準備

干しにんじんの四川風炒め

にんじん(1本)は、皮をむき、半分の長さに切る。これを7mm角の拍子木切りにする。ザルに並べ、丸1日干す。

※干すことによって独特のカリッとした食感が生まれる。

干しにんじんの四川風炒めピーナツ・シャンツァイ(20g)は、みじん切りにする。

※ピーナツを入れることで、食感のハーモニーが生まれる

干しにんじんの四川風炒め砂糖(小2)・黒酢(小1強)・しょうゆ(小1)・塩(ひとつまみ)を混ぜて合わせ調味料をつくる。

作り方

干しにんじんの四川風炒め

1、干したにんじんは、ぬるま湯に20分ほどつけて戻し、水けを切る。

干しにんじんの四川風炒め2、中華鍋にサラダ油(大1)・ホワジャオ(粒 10粒)・赤とうがらし(2本)を入れ、弱火で1分半ほど炒め、油に香りを移す。

干しにんじんの四川風炒め3、2のホワジャオ・赤とうがらしを油から取り出し、その内のホワジャオ3粒・赤とうがらし1本をみじん切りにする。

※辛さは好みで調整する。

干しにんじんの四川風炒め4、2の油を中火にかけ、1のにんじんを入れて20秒から30秒炒める。

干しにんじんの四川風炒め5、4に合わせ調味料を入れ、30秒ほど炒める。

干しにんじんの四川風炒め6、5に、みじん切りにしたピーナツ・シャンツァイ・ホワジャオ・赤とうがらしを加えて30秒ほど炒める。

干しにんじんの四川風炒め

干しにんじんの四川風炒め

 

皿に盛り、干しにんじんの四川風炒めの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ