ピタヤと夏野菜の揚げびたし

スポンサーリンク

ピタヤと夏野菜の揚げびたし

ピタヤと夏野菜の揚げびたし

料理名 ピタヤと夏野菜の揚げびたし
番組名 NHKあさイチ
コーナー 夢の3シェフNEO
料理人 橋本幹造
放送局 NHK
放送日 2017年7月25日(火)

 

揚げてトロッと

NHKあさイチでは、「この夏のスーパーフード」ということで今、大注目の「ピタヤ」を使った料理を紹介。ここでは日本料理「ピタヤと夏野菜の揚げびたし」の作り方になります。なんとピタヤを揚げ浸しにします。トロッと食感が変わります。

スポンサーリンク

ピタヤと夏野菜の揚げびたしの材料(つくりやすい分量)

 

ピタヤ 1コ
なす 1本
ししとうがらし 5本
たまねぎ 1/2コ
新しょうが 40g
レモン 1/2コ
合わせ地
500ml
みりん 150ml
砂糖 大さじ2
削り節 25g
しょうゆ・米酢 各100ml
揚げ油 適量

 

 

ピタヤと夏野菜の揚げびたしの作り方

1、ピタヤ(1コ)は、両端を切り落とし、表皮をむきます。4つ割りにし、一口大に切ります。

-

2、なす(1本)はへたを取り、幅2cmの輪切りにします。ししとうがらし(5本)は、包丁の先で、穴をあけます。たまねぎ(1/2コ)、新しょうが(40g)、レモン(1/2コ)は、薄切りにします。

-

3、鍋に、水(500ml)、みりん(150ml)、砂糖(大2)、削り節(25g)を入れ、強火にかけます。

沸騰直前にあくを取り、しょうゆ・米酢(各100ml)を入れてひと煮立ちさせ、火を止めます。

ピタヤと夏野菜の揚げびたし
※酢の酸味でピタヤのうまみを引き立てる!

-

4、フライパンに、3cmの高さまで揚げ油(適量)を入れ、180度になるまで温めます。

ピタヤ、なすを入れ、1分30秒ほど揚げ、ししとうを加え、さらに20秒ほど揚げます。

ピタヤと夏野菜の揚げびたし
※揚げると実はトロッと、皮は独特の粘りが出る

-

5、保存容器に、揚げたピタヤと野菜を入れ、その上に、たまねぎ、新しょうが、レモンを乗せます。

-

6、(3)の合わせ地の水(500ml)・みりん(150ml)・砂糖(大さじ2)・削り節(25g)・しょうゆ・米酢(各100ml)を温め、ざるでこしながら、(5)のピタヤと野菜にかけます。

ピタヤと夏野菜の揚げびたし

※必ず、ピタヤと野菜、合わせ地が熱い状態で合わせます。

-

7、粗熱が取れたら、保存容器のふたをして、半日寝かせます。

ピタヤと夏野菜の揚げびたし

※冷蔵庫で3~4日間保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ