ビーツのチーズラビオリ

スポンサーリンク

ビーツのチーズラビオリ

ビーツのチーズラビオリ

料理名 ビーツのチーズラビオリ
番組名 NHKあさイチ
コーナー 夢の3シェフNEO
料理人 マリオ・フリットリ
放送局 NHK
放送日 2016年12月6日(火)

 

ビーツをラビオリのソースに

色合いと栄養の豊富さから日本でも注目を集めはじめている「ビーツ」を使って、3シェフNEOのシェフが和洋中の絶品レシピを紹介していました。ここでは、イタリア料理からマリオ・フリットリさんの「ビーツのチーズラビオリ」の作り方の紹介になります。今回ビーツをラビオリのソースに使います。

スポンサーリンク

ビーツのチーズラビオリの材料

 

ラビオリ
リコッタチーズ 120g
パルメザンチーズ 20g
ゴルゴンゾーラチーズ 30g
卵黄 1/2コ分
塩・白こしょう 各少々
ギョーザの皮(市販・大判) 10枚
ソース
ビーツ 100g
バター 20g
オレンジ 1/2コ
少々
白こしょう 少々
生クリーム 100ml
仕上げ
パルメザンチーズ 40g
バター 10g
セルフィーユ 適量
オレンジの皮 適量

 

 

ビーツのチーズラビオリの作り方

1、下ごしらえ。ビーツ(100g)は皮付きのまま、つかるくらいの水とともに鍋に入れ、中火にかけます。竹串がすっと通るようになるまでゆでます。

2、(1)の皮をむき、7~8mm角に切ります。

3、オレンジ(1/2コ)を搾ります。

4、パルメザンチーズ(20g)は、すりおろし、ゴルゴンゾーラチーズ(30g)は1cm角に切ります。

5、ソース作り。冷たいフライパンにバター(20g)、2のビーツを入れ、弱火で全体にバターがなじむまで炒めます。

ビーツのチーズラビオリ

6、塩(少々)、白こしょう(少々)、3のオレンジの果汁、生クリーム(100ml)を加え、中火で1分ほど煮詰めます。

※オレンジの酸味がビーツの土臭さを消す

7、ラビオリ作り。ボウルにリコッタチーズ(120g)、4のパルメザンチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、卵黄(1/2コ分)、塩・白こしょう(各少々)を入れ、なめらかになるまで混ぜます。

※3種類のチーズを合わせることでビーツのおいしさをアップ

8、10等分にし、ギョーザの皮(市販・大判 10枚)の中央にのせ、皮のふちに水をつけ、半分に折りフォークをふちに押しつけるようにして、しっかりとつけます。

ビーツのチーズラビオリ

※空気が入らないように包みます。

9、沸騰した湯に塩(分量外・水1Lに対して10g)を入れ、中火でゆでます。ラビオリが浮き上がってきたら、ゆであがりの目安に。

※ソースの固さを調節するので、ゆで汁は捨てない。

10、仕上げ。6のソースを温め、9のゆでたラビオリを加えて絡めます。ラビオリのゆで汁を足し、ソースの固さを調節します。

11、バター(10g)とすりおろしたパルメザンチーズ(40gのうち20g)を加え、とろりとしたら火を止めます。

12、皿に盛りつけ、セルフィーユ(適量)・すりおろしたパルメザンチーズ(20g)・オレンジの皮(適量)の表面をよくこすり洗いし、オレンジ色の部分だけをすりおろしながら散らし、ビーツのチーズラビオリの完成。

ビーツのチーズラビオリ

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ