ビーツとぶりの照り焼き

スポンサーリンク

ビーツとぶりの照り焼き

ビーツとぶりの照り焼き

料理名 ビーツとぶりの照り焼き
番組名 NHKあさイチ
コーナー 解決!ごはん
料理人 橋本幹造
放送局 NHK
放送日 2016年12月6日(火)

 

ビーツを旬のぶりと合わせて

色合いと栄養の豊富さから日本でも注目を集めはじめている「ビーツ」を使って、3シェフNEOのシェフが和洋中の絶品レシピを紹介していました。ここでは、日本料理から橋本幹造さんの「ビーツとぶりの照り焼き」の作り方の紹介になります。今回ビーツを旬のぶりと合わせていただきます。

スポンサーリンク

ビーツとぶりの照り焼きの材料(2人分)

 

ビーツ 140g
A
ぶり(切り身) 2切れ
小さじ1/2
サラダ油 小さじ1
80ml
30ml
B
みりん 30ml
砂糖 小さじ1
しょうゆ 30ml
白ごま 小さじ2

 

 

ビーツとぶりの照り焼きの作り方

1、下ごしらえ。ぶり(切り身 2切れ)の両面に塩(小1/2)を振り、10分間置きます。

※塩を振ることで、ぶりのうまみを引きだし、臭みを抜く。

-

2、ビーツ(140g)は皮付きのまま、厚さ1cmのいちょう切りにします。

※皮と実の間にうまみと香りが多いので、皮付きのまま使うのがオススメ。

-

3、仕上げ。冷たいフライパンにサラダ油(小1)をひき、2のビーツを入れ、中火で3分ほど焼きます。

※じっくりと火を入れることで、ビーツが甘さを引き出す

-

4、ビーツの上下を返し、1のぶりを入れます。ぶりの片面を中火で3分ほど焼きます。

ビーツとぶりの照り焼き

-

5、ぶりの上下を返し、水(80ml)・酒(30ml)を入れ、ふたをして、中火で3分ほど煮ます。

※こうすることで、ぶりがふっくらと仕上がる。

-

6、Bのみりん(30ml)、砂糖(小1)、しょうゆ(30ml)を入れ、強火でとろみがつくまで煮詰めます。

※スプーンでタレをかけながら煮詰めるのがコツ。

-

7、白ごま(小2)を加えて仕上げ、器に盛り、ビーツとぶりの照り焼きの完成。

ビーツとぶりの照り焼き

※ごまの香ばしさがビーツの風味を際立たせる

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ