アカモクと春菊のかきあげ

スポンサーリンク

アカモクと春菊のかきあげ

料理名 アカモクと春菊のかきあげ
番組名 NHKあさイチ
コーナー 夢の3シェフNEO
料理人 橋本幹造
放送局 NHK
放送日 2017年3月14日(火)

 

アカモクをかき揚げに

「花粉症」の症状を和らげてくれるかもしれない食材、「アカモク」を使って、NEO3シェフが和洋中の絶品レシピを紹介していました。ここでは、日本料理から橋本幹造さんの「アカモクと春菊のかきあげ」の作り方になります。卵を使わない衣でサックサクにからりと揚げます。

スポンサーリンク

アカモクと春菊のかきあげの材料(2人分)

 

アカモク(乾) 20g
たまねぎ 20g
春菊 30g
薄力粉(打ち粉用) 小さじ2
揚げ衣
薄力粉 大さじ2
大さじ3
サラダ油 500ml(22cmのフライパンの場合)
少々

 

 

アカモクと春菊のかきあげの作り方

1、春菊(30g)は、水洗いし、ペーパータオルで水けを切ります。葉と茎を手でちぎって分け、菊の茎を斜め切りにします。たまねぎ(20g)は、半分に切り、芯を取り除き繊維に沿ってできる限り薄く切ります。

※春菊の茎は斜めに切って繊維を断つことで、火がとおりやすくなる。

※たまねぎは薄く切ることで、アカモク・春菊と火のとおりをそろえることができます。

-

2、アカモク(乾20g)は、茎の部分はかたく、火がとおりづらいため取り外します。

-

3、ボウルに、2のアカモク、1の春菊・たまねぎを入れ、軽く混ぜ合わせます。薄力粉(打ち粉用小さじ2)を加え、さっと混ぜます。

アカモクと春菊のかきあげ

※打ち粉をすることで、衣がまんべんなく付き、仕上がりがサクサクになる。

-

4、別のボウルで薄力粉(大さじ2)・水(大さじ3)を泡立て器で軽く混ぜ、揚げ衣を作ります。

※衣に卵を使わないことで、仕上がりが軽くなり、サクサク感がアップします。

※薄力粉と水の割合は、2:3。これが橋本流黄金比。

-

5、フライパンに1.5cmの高さまでサラダ油(500ml(22cmのフライパンの場合))を入れ、150度まで加熱します。

●150度の目安は、揚げ衣を落として、底まで沈んで浮いてきたら

-

6、3の打ち粉をした具材と、4の揚げ衣を混ぜ合わせてタネを作ります。5のフライパンの火を止めて、タネを入れ、強火で1分50秒ほど泡が大きくなるまで加熱します。

アカモクと春菊のかきあげ

※150度に到達してから手早くタネを作るのがポイント

-

7、火を止めて、かき揚げのタネを返し、裏面を50秒ほど泡が大きくなるまで強火で加熱します。

-

8、油をきって、適当な大きさにちぎって盛りつけ、塩(少々)を振ります。

アカモクと春菊のかきあげ

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

春菊の人気レシピ

第1位

超簡単!春菊のわさび醤油和え☆

超簡単!春菊のわさび醤油和え☆

わさびは普段のお好みの量を分量の醤油に溶かしてください☆わたしはチューブ2cmくらい入れました☆

第2位

モリモリ食べられる★春菊のにんにく炒め(蒜蓉茼蒿)

モリモリ食べられる★春菊のにんにく炒め(蒜蓉茼蒿)

シンプルな味付けで春菊そのものの美味しさを味わえる炒め物です。春菊の食べ方ではこれが一番!と個人的には思ってます~。

第3位

べちゃべちゃにならない!春菊の天ぷら

べちゃべちゃにならない!春菊の天ぷら

葉物だけど油っこくならないサクサクの天ぷら。

第4位

春菊入りのキンピラ

春菊入りのキンピラ

いつものキンピラに、春菊をプラスももちろんOKですよ♪ 隠し味に、黒酢をほんの少し加えるのも良いよ♪

このページの先頭へ