いかのねぎソース

スポンサーリンク

いかのねぎソース

いかのねぎソース

料理名 いかのねぎソース
番組名 NHKあさイチ
コーナー 解決!ごはん
料理人 脇屋友詞
放送局 NHK
放送日 2015年11月24日(火)

 

ねぎソースが味の決め手!

「健康のため毎日魚を食べますが干物・刺身・煮魚の繰り返し。塩分控えめで斬新な料理を教えて」というお悩み・リクエストに、中国料理の脇屋友詞シェフが、するめいかを使った料理2品を紹介。ここでは、「いかのねぎソース」の作り方になります。味つけとなるねぎソースは、今回のするめいかだけでなく、ふろふき大根のようなボイルした野菜や焼きそばなどにも合います。

スポンサーリンク

いかのねぎソースの材料(2人分)

 

するめいか 1ぱい
うす口しょうゆ、チキンスープ 各大さじ2
サラダ油 大さじ1
実ざんしょうのつくだ煮(粗みじん切り) 少々
赤とうがらし(輪切り) 適量
A
サラダ油 100ml
細ねぎ(5cm長さに切る) 100g
しょうが、ザーサイ(各薄切り) 各25g

 

 

いかのねぎソースの作り方

いかのねぎソース1、するめいか(1ぱい)は下処理をして、胴の薄皮をはぐ。縦半分に切る。縦に2ミリ幅の深い切り目を入れてから横向きにして、包丁をねかせてそぎ切りにし、皿に並べる。

-

いかのねぎソース2、ねぎソースを作る。ミキサーにAのサラダ油(100ml、細ねぎ(5cm長さに切る 100g)、しょうが、ザーサイ(各薄切り 各25g)を入れてかくはんする。

フライパンに移し、加熱する。ねぎに火がとおり、油と分離したところで、うす口しょうゆ、チキンスープ(各大2)を加える。

ボウルに移し、氷水にあて、色止めをする。

※冷蔵庫で4~5日間保存可能

-

3、(1)に実ざんしょうのつくだ煮(粗みじん切り 少々)をのせ、180度に熱したサラダ油(大さじ1)を上からかける。

-

いかのねぎソース4、(2)のねぎソース(適量)をかけ、赤とうがらし(輪切り 適量)をのせて、いかのねぎソースの完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ