呉汁(ごじる)

スポンサーリンク

呉汁(ごじる)

呉汁(ごじる)

料理名 呉汁(ごじる)
番組名 おかずのクッキング
料理人 青江覚峰
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年11月19日(土)

 

大豆を余すことなく

おかずのクッキングでは、浅草緑泉寺の青江覚峰住職が、「呉汁(ごじる)」の作り方を紹介していました。大豆で取っただしを使い、大豆から作られた味噌を使い、大豆を具に使う。大豆を余すことなく使った汁物です。

スポンサーリンク

呉汁(ごじる)の材料(2人分)

 

大豆(北海道産・乾物) 100g
600cc
人参 1/4本
舞茸 1パック
さやえんどう 4枚
味噌(白味噌) 各大さじ1

 

 

呉汁(ごじる)の作り方

1.鍋に大豆(北海道産・乾物 100g)を入れ、中火で煎って、香ばしく中までしっかり火を通します。分量の湯(600cc)に煎った大豆を少しずつ入れて、半日ほどおきます。後、大豆をざるに上げます。戻し汁は「大豆だし」として使用します。

呉汁(ごじる)

-

2.すり鉢に戻した大豆、大豆だし50ccを入れて、よくすりつぶします。

-

3.人参(1/4本)は、皮つきのまま2mm厚のいちょう切りにします。舞茸(1パック)は石づきを除き、食べやすい大きさに手で裂く。さやえんどう(4枚)は筋を取り、さっと茹でます。

-

4.鍋に大豆だし(2カップ)、人参、舞茸を入れて中火にかけ、煮立ったら2を入れます。再び煮立ったら弱火にして、沸騰しない程度の火加減で3~4分煮ます。

呉汁(ごじる)

-

5.味噌(白味噌 各大1)を溶き入れ、ひと煮立ちさせます。

-

6.椀に盛り、さやえんどうを添えて、呉汁(ごじる)の完成。

呉汁(ごじる)


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ