おいものきんつば

スポンサーリンク

おいものきんつば

おいものきんつば

料理名 おいものきんつば
番組名 おかずのクッキング
料理人 土井善晴
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年10月29日(土)

 

さつまいもでおいものきんつば

おかずのクッキングでは、土井善晴さんがさつまいものようかんで作る「おいものきんつば」の作り方を紹介していました。芋ようかんはそのままでもおいしいですが、型にながして一晩おいたものを切ってきんつばにします。小麦粉を溶いて生地を作ってホットプレートで焼くのは楽しく、違った味わいがあります。ぜひ作られてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おいものきんつばの材料(作りやすい分量)

 

さつまいも 2本(500g)
グラニュー糖 100g
大さじ4~5
<きんつばの皮>
小麦粉 55g
1/2カップ
オリーブオイル 少々

 

 

おいものきんつばの作り方

1.さつまいも(2本(500g))は皮をむき、4cm長さに切って半割りにし、水(1/2カップ)にさらす。皿に並べ、蒸気のあがった蒸し器に入れて20分ほど蒸します。

-

2.鍋に1を入れて木べらでつぶし、グラニュー糖(100g)と湯(大4~5)を加えて弱火にかけ、木べらで鍋らかになるまで練り上げます(固ければ湯を少し補うとよいでしょう)。

※グラニュー糖で味がすっきり

-

3.熱いうちに流し缶に詰め、内側に霧を吹いたラップフィルムを上にかけ、平らにし、粗熱をとって冷蔵庫で冷やし固めます。

おいものきんつば

-

4.ボウルに衣の小麦粉(55g)、水(1/2カップ)を混ぜ合わせ、食べやすく切った芋ようかんの側面1か所につけます。

-

5.薄くオリーブオイル(少々)をひき180~200℃に温めたホットプレートで、衣をつけた側面を焼きます。残りの側面も同様に一面ずつ衣をつけて焼きます。

おいものきんつば

*オリーブオイルを使うと香りよく仕上がる。なければサラダ油でもよい。

-

6.器に盛り、おいものきんつばの完成。

おいものきんつば


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ