煮豚

スポンサーリンク

煮豚

煮豚

料理名 煮豚
番組名 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾
料理人 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2015年6月24日(水)

 

うま味がギュッ!絶品煮豚&おにぎらず

ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾では、「豚肉好きの主人がガツガツ食べてくれるおいしい煮豚を作りたい」というお悩み・リクエストにご飯にもお酒にもピッタリの「煮豚」の作り方を紹介していました。下味をつけてから焼いて煮るうま味がギュッと!絶品煮豚です。また、煮豚を使った「おにぎらず」も合わせて紹介していました。

スポンサーリンク

煮豚の材料(4人分)

 

豚肩ロース(ブロック) 600g
濃口しょう油 適量
サラダ油 適量
水溶き片栗粉 大さじ2
米酢 少々
練り辛子 適量
(煮汁)
600cc
150cc
濃口しょう油 150cc
砂糖 150g
白ネギの青い部分 1本分
ショウガ(薄切り) 5g
ニンニク 1片
赤唐辛子 1本
八角 2個
(付け合わせ)
キュウリ 2本
レタス(細切り) 1/2個
タマネギ(薄切り) 1/2個

 

 

煮豚の作り方

1.豚肉の下準備。豚肩ロース(ブロック 600g)の側面にタコ糸を巻き、丸結びする。タコ糸の端は最後にもう一度縛ることを考えて10cm程余らせておく。

※味が染み込みやすく、うま味が多い肩ロースが最適

※形が崩れるので、締め過ぎないように注意

-

2.豚肉を煮込む。鍋に水(600cc)、酒(150cc)、濃口しょう油(150cc )、砂糖(150g)、臭み抜きのため白ネギの青い部分(1本分)と、ショウガ(薄切り 5g)を加える。

さらに押し潰したニンニク(1片)、赤唐辛子(1本)、八角(2個)を加え沸かす。

-

3.1の豚肩ロースの表面に、濃口しょう油(適量)を手でしっかりなじませる。

※あらかじめ濃口しょう油をなじませることで、香ばしく焼けうま味も閉じ込められる

-

煮豚4.フライパンの底にたまるぐらいのサラダ油(適量)を引き、3の豚肉を中火で焼いていく。

全体にしっかり焼き色が付いたら取り出す。

-

5.フライパンに余った油を流し捨てたら、水(分量外、適量)を入れて沸かし、ヘラで軽く擦るようにしてフライパンに付いた肉のうま味をこそぎ落とす。

ある程度煮つめたら、2の沸かしておいた煮汁に加える。

-

煮豚6.煮汁の中に豚肉を入れて落とし蓋をしたら、弱火でおよそ30分~40分煮込む。

中まで火が通ったら火を止め、自然に冷ましておく。

※冷ますことで味が染み込み、よりおいしく仕上がる

-

7.仕上げる。キュウリ(2本)ピーラーで端から端まで横に薄切りする。薄切りにしたキュウリを中央でUターンするように折り曲げ、器に円を描くように並べる。細切りのレタス(細切り 1/2個)を器の中心に盛る。

-

煮豚8.冷ました豚肉を鍋から取り出したら、煮汁(200cc)を別の鍋で沸かし、米酢(少々)、水溶き片栗粉(大2)を加えタレを作る。

-

煮豚9.豚肉に巻いたタコ糸を外し、薄切りにしたら器に盛ったレタスの上に円を描くように並べる。タレを真ん中にかけ、その上にタマネギ(薄切り 1/2個)を盛り、練り辛子(適量)を添えて煮豚の完成。

●合わせて紹介された「煮豚のおにぎらず」⇒レシピはこちら


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ